梅雨クローゼットの湿気対策に有効なグッズは?

画像1

じめじめで憂鬱な梅雨の時期がやってきてしまいますね。

湿気が多く、カビが発生しやすいので除湿は大事です!

中でも、クローゼットやタンスなどの衣類が収納されている場所は要注意なんです!

衣類や布団などは特に湿気を吸いやすいので

カビやダニが繁殖しやすいんです。

大事な洋服や、布団でカビやダニが繁殖してるなんて本当に嫌ですよね!

今回はクローゼット内の湿気対策に有効なグッズを

ご紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

湿気をこもらせない!

画像2

たんすやクローゼットなどは開けっ放しにしたほうがいいです!

除湿剤を入れても、湿気は完全に除湿できないので

特に来客などの予定がなければ、開けっ放しにして

風通しをよくしましょう!

画像3

クローゼットや押入れの中も、扇風機などで風を入れるといいそうです!

詰め込みすぎはNG

画像4

ギュウギュウ詰めは湿気が停滞してしまうので、少しでも隙間をあけましょう
押入れなどはすのこなどを置いて空気の通り道を確保しましょう!

湿気に弱い素材の衣類は上に

画像5

湿気や虫に弱いシルクやウールなどは湿気のたまりにくい上の方に収納しましょう。

湿気がたまりやすい下の方には、長期間ずっと保管するものは置かないようにしましょう。

湿気対策グッズ

ドライペット スキット

画像6

置くだけで湿気をとってくれます。

場所を選ばず、どこにでも置けます。

備長炭ドライペット

画像7

除湿もできて、ニオイを脱臭してくれます。

こちらもどこにでも置けるタイプです。

備長炭ドライペット クローゼット用

画像8

先ほどご紹介したもののクローゼット用です。

湿気を吸うと薬剤がゼリー状になるので、除湿効果が一目でわかります。

湿気取りグッズをいちいち買うのはめんどくさいという人には

こちらをおすすめします。

コンパクト除湿機

画像9

除湿したいところに置いて、水分が満タンになったら

コンセントから電源を取り、本体にたまった湿気を放出するだけです。

価格 ¥1,480
何度も使い捨てを買うよりお得ですね!

いかがでしたか?

湿気対策をきちんとして、梅雨を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ