生花コサージュ作り方、動画や値段!結婚式卒業式で

桃の節句も終わり、
春はもうすぐそこに近づいてきましたね。

これからの季節、
卒業式や結婚式を控えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな場面で使える、
周りから一目置かれる生花コサージュを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

おすすめの生花コサージュ

生花コサージュと一言で言っても、
たくさんの種類がありますよね。

特にこれからの季節は多くの花が咲いてくるので、
選択肢の幅も増えてきます。

その中でも特に生花コサージュにむいている花は、
シンビジュームやデンファレ等の蘭、トルコキキョウ、
バラ、ガーベラ、カーネーションなど。

逆に水持ちが悪く、あまり向いていない花は、
チューリップ、ストック、キンギョソウ、スイートピーなどです。

生花の魅力は、
何と言っても“香り”と“質感”です!

付けた瞬間はもちろん、
式の途中など緊張する場面でも、
お花の香りで癒されること間違いなし。

生花独特の優しくふんわりとした花びらが
緊張をほぐしてくれるはずです。

[生花 ギフト]コサージュ 11

[生花 ギフト]コサージュ 11
価格:5,250円(税込、送料別)

結婚式、卒業式、つけていくコサージュに違いはある?

お祝いの場であれば、
特につけていくコサージュに違いはないようです。

ただ、結婚式の場合は、
花嫁とかぶらない」「花嫁より目立たない」ことを
ポイントに選ぶようにしましょう。

控えめな色のもの、
小ぶりなサイズのものを選ぶと良いでしょう。

値段の相場は?

一見手が込んでいて高価そうに見える生花コサージュ。

何回も使用できる造花は経済的ですが、
一生に一度、お子様のお祝いの席でもある式典や結婚式には、
生花のコサージュがおすすめです。

気になるお値段は配送料込で3,000~5,000円程度と少し値は張りますが、
記念にも残るので、晴れ舞台には是非生花コサージュで出席しませんか?

生花コサージュの作り方

同じコサージュでも、生花で作られているものだと、
より一層華やかさが増しますよね。

お店で買うのもいいけれど、
器用な方はご自身で作ってみるのもいいですね!

材料もお花の他、
ワイヤーフローラルテープだけで出来るので、お手軽です。

是非一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

初心者でも簡単に作れる方法

コチラのブログが参考になります。
http://poca2.blog.so-net.ne.jp/2012-03-15

いかがでしたでしょうか?

スーツとセットになっている造花コサージュも素敵ですが、
香りある生花のコサージュに勝るものはありません。

今まで躊躇していた方も、
この春は是非、生花コサージュに挑戦してみませんか?

「コサージュ付ける位置や値段!卒業式や入学式には生花も!」に
関連するまとめ記事を特集しましたのでごらん下さい
コサージュ付ける位置や値段!卒業式や入学式には生花も!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ