コサージュの付け方や向きは?茎はどうする? 100均ピンで簡単に

画像1

3月に入り、
河津桜が美しい季節になりましたね。

いよいよ春本番を前に、
お子様の卒園式や入学式等控えている方も多いのではないでしょうか?

そんな方必見!

フォーマルな場でのコサージュの付け方
アレンジの仕方についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

コサージュの付け方は?

画像2

コサージュをつける時に迷うのが、「つける位置」ですよね。
左か右か、またどの位の高さにつけるのがいいのでしょうか。

本来、左でも右でもどちらにつけてもOKなようですが、
左胸につける」のが一般的と言われています。

理由としては、人の視線は右に向けられることが多いため、
左側につけた方が、視線を集めやすいからだそうですよ。

一言に左胸と言っても幅広い範囲がありますが、一番おすすめなのが、
胸よりも少し上の「鎖骨のあたり」につけるスタイル!

視線が上に集まり、すっきり見えますよ。

画像3

画像4

高めの位置につかえることで、
大きめのコサージュでも、
すっきりとした印象になりますね。

向きや茎はどうする?

一般的には、「茎が下になるように」と考えてつける場合が多いですが、
実際は、特に決まりはなく、コサージュがより綺麗に見えるような向き
自由につけて良いようです。

着用するジャケットの形やアクセサリーとのバランスを
考えながらアレンジを楽しみましょう。

画像5

画像6

コサージュをつけるのに必要なものは?

コサージュをつける際に必要なのは、
ピンですよね!

もともとコサージュ本体に付いているものもありますが、
付いていない場合に是非用意したいのがコレ、
コサージュピンです!

手芸屋さんで買うと高いですが、
実は100均ショップでも手に入っちゃうんです。

写真はダイソーのもの。

画像7

大切な洋服に穴をあけるのを躊躇している方には、
同じくダイソーで販売されているこちら、
ヘアクリップを使うと心配いりませんね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コサージュを上手につけるには?

安全ピンがついているタイプのコサージュは留めるのは簡単ですが、
お花モチーフの重みで傾いてしまったりして、
せっかくのコサージュが台無しに・・・なんてことにならないために、
ワンポイントテクニックをご紹介します!

1. なるべくピンとコサージュの間を開けないようにする

具体的には、できるだけたくさんの生地をピンではさむ、
それでも傾きが気になるときは、
洋服の裏に当て布をしてその上からピンを挿すことで、
安定感を持たせることができますよ。

2. 洋服を着用した状態でコサージュをつける

平置きの状態と、実際に着てみた状態とでは、
微妙にコサージュの位置がずれたりして、
しっくりこないことがあります。

必ず洋服を着用してから全身のバランスを見ながらつけるようにしましょう。

「コサージュ付ける位置や値段!卒業式や入学式には生花も!」に
関連するまとめ記事を特集しましたのでごらん下さい
コサージュ付ける位置や値段!卒業式や入学式には生花も!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ