お土産や手紙の書き方は?新婚旅行、彼氏、両親、ビジネスなど場面別にご紹介

あと一ヶ月ほどすればお盆を迎え、
仕事がお休みになるという方も多いのではないでしょうか?

そんなお盆休みを利用して、
旅行に行こうと計画するのも楽しいですが、
旅行といえば忘れてならないのがお土産ですよね。

お土産-画像1

旅行が趣味だという方は多く、
お盆休みなどの長期休暇を利用した旅行はもちろん、
新婚旅行にもこだわったり、
会社に休暇をもらって旅に出たりする人もいるので驚きです。

そこで今回は、様々なシーンで有効な、
喜ばれるお土産手紙についてご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

プライベートなお土産には?

お土産屋さんへ行くと、種類豊富なお土産商品が取り揃えてありますが、
相手によって、どのようなお土産を渡すべきかが重要です。

例えば友達と旅行へ出かけた時、
恋人や意中の方にお土産を買って帰るという方も多いと思いますが、
一体どのようなお土産が喜ばれるのでしょうか?

そこでオススメしたいのが、
その土地でしか販売していない地酒などです。

お土産-画像2

お酒以外にも地域の特産品など、
その場所に行かなければ味わえないようなものをお土産にすると喜ばれます。

また恋人であれば、
おそろいのご当地ストラップをお土産にするのも良いかもしれません。

一緒に旅行に行ったような気分になれますね。

またお土産には、手紙を添えて渡すのも良いでしょう。

旅先での思い出話を簡潔に述べ、写真などを添えると、
楽しかった旅行の思い出を共有してもらえますね。

続いては、ご結婚されている方は特に頭を悩ませる、
相手のご両親へのお土産についてです。新婚旅行に始まり、
その後の家族旅行などでも、ご両親へのお土産は欠かせません。

しかしこちらも、どのようなものを選べば良いのか難しいですね。

そこでオススメなのが、ご両親でお使いいただけるお箸やお茶碗など、
その地域の技法を用いて作られた特産品です。

お土産-画像3

上品で長く愛用してもらえるデザインのものを選びましょう。

またお箸やお茶碗の他にも、
その土地でしか味わえない食べ物もオススメです。

普段は中々手に入らないものは特に喜ばれるでしょう。

また事前に、好みをリサーチしておくのも大切です。

こちらも同様に、手紙を添えましょう。

旅先で起きたハプニングなどの面白話に写真を添えて、
また「おかげさまで楽しめました」や「今度はご一緒に」
などというような相手を気遣う一言があると良いですね。

お土産を通じて、
より良いコミュニケーションを図りましょう。

会社の上司や同僚・取引先など、ビジネスシーンでのお土産は?

上記では恋人や意中の方、
義理のご両親へのオススメのお土産についてご紹介しましたが、
会社用のお土産も忘れてはいけません。

自分の会社へのお土産としてオススメなのが、
みんなで分かることができる銘菓です。

お土産-画像4

最低でも自分の所属する部署全員分は用意し、
また袋が小分けになっているものの方が配りやすいでしょう。

銘菓もたくさんありますので、何を買おうか迷ってしまった時は、
お店の人にオススメや売れている商品を聞いてみましょう。

続いて自分の会社用ではなく、取引先などへのお土産でも、
みんなで分けられる銘菓をオススメします。

仕事中の休み時間などに、気軽に食べられるものが良いですね。

会社へのお土産で、自分が渡しにいく場合には特に必要ありませんが、
旅先からお土産を送る場合、手紙を添えて送るのがマナーです。

どこへ来ているのか、何をしているかなどを簡潔に述べ、
「お休みをいただき、ありがとうございます」
というように感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。

お土産を渡すことで、
楽しかった旅行の思い出を共有してもらうことができますね。

上記を参考に、もらって嬉しいお土産選びをしてくださいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ