2014夏ネイルデザインはクリアベースがトレンド?

夏といえばマリンやキラキラした柄のネイルが流行りますが、
実際にどんなふうにアートすればいいのでしょうか。

実は、今夏クリアベースでキラキラしたようなネイルが流行っています。

画像1

画像2

実際はこんな感じです。

スポンサードリンク

クリアベースに必要なクリアベールとは?

クリアベールとは、
ジェルネイルの専用のトップコート

のことです。
UVライトで硬化させる必要があるので、専用の機械が必要です。

仕上げに塗ると一目瞭然。

ジェルネイルがより鮮やかになり、
日持ちもするのでひとつ買っておくといいでしょう。

これからの季節は主に夏なので、
必然的にジェルネイルで鮮やかなネイルや
クリアベースのネイルをする機会が増えると思います。

クリアベースのネイルには、
しっかり光沢を出したり鮮やかに見せる

必要があります。

そういったときにこのクリアベールが必要になるのです。

画像3

1000円未満で買えますし、ネットでも購入できます。

クリアベースのネイルあれこれ

クリアベースのネイルにはさまざまな色がありますが、
今回は赤、青、ピンク、オレンジ、緑の5色に分けてご紹介していきますね。

基本的にはクリアベースに色を合わせるとフレンチネイルっぽくなります。

こちらはグラデーションをつけたもの。

赤というよりは薄い赤に仕上がっています。

ラメも入っています。

画像4

画像5

こちらはすこし濃い色を使って、
クリアな部分と赤の部分を区別しています。

ストーンやラメ、チップ等を青にして、
残りの部分はすべてクリアにするとかなりキラキラしてきれいになります。

画像6

画像7

クリアの部分が多いので、
単色よりはポップ感も少なくなり、
シンプルに仕上がるでしょう。

ピンク

画像8

こちらは少し濃いめのピンクをうまく、
フレンチ風に飾り付け、
爪の付け根のあたりは薄いピンクを使っています。

画像9

こちらはほとんどストーンやシールを使っていますが、
ベースはピンクにして、上からクリアベース、
そして爪先には飾りをつけたものです。

華やかに仕上がっていますね。

オレンジ

画像10

爪先をこいオレンジにして、
付け根側はクリアに仕上げたパターンです。

画像11

こちらは逆に爪先をクリアに、
根元をオレンジにしたパターンです。

こちらの方が存在感は無いのでシンプルに仕上がりますね。

画像12

イエローを混ぜると夏のひまわりのようにきらびやかに仕上がります。

画像13

シンプルに染めようと思えば、
黄緑を使うと鮮やかに仕上がります。

色も濃すぎないですね。

画像14

こちらは少し濃い色を使って、
シール等をつけたもの。

中間部分にラメを入れるときれいに仕上がります。

いかがでしたか?

クリアベースのネイルを使いこなして、
シンプルになおかつ美しいネイルづくりをしてみましょう。

夏に大活躍間違い無しです。

夏ネイルのまとめです
2014夏ネイル人気デザイン&簡単セルフのやり方!フットネイルも!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ