京都五山送り火2014日程は?ホテルや観覧スポット、意味とは?

もうすぐ全国的にも梅雨明けが発表され、
本格的な夏がやってこようとしていますが、
みなさんはもう今年の夏の予定は立てましたか?

プールや海、BBQや花火大会など、
夏には楽しいイベントが盛りだくさんですが、
折角なら今年の夏は日本の伝統行事を味わってみるのも良いのではないでしょうか。

そこでオススメしたいのが、
京都五山で開催される送り火です。

京都五山送り火-画像1

毎年多くの観光客で賑わい、
活気がある伝統的なイベントです。

そこで今回は、送り火の意味
今年の京都五三送り火の日程オススメ観覧スポットについてご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

京都五山送り火とは?

京都五山の送り火をご紹介する前に、
送り火とはどんなものかを復習しましょう。

送り火とはお盆の行事の1つで、
お盆に帰ってきた死者の魂を現世からふたたびあの世へと送り出す行事のことを言います。

一般的には自宅の玄関や庭先で行われることがほとんどですが、
京都や奈良では地域社会の行事として大体的に行われ、
全国各地から多くの見物客で賑わいます。

京都五山の送り火はその名の通り、
5つの山で炎が上げられ、
お精霊さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるとされています。

それぞれ浮かび上がる文字も異なります。

開催場所と文字は以下のとおりです。

(1) 「大文字」・・・京都市左京区浄土寺・大文字山

京都五山送り火-画像2

(2) 「松ヶ崎妙法」・・・京都市左京区松ヶ崎・西山および東山

京都五山送り火-画像3

京都五山送り火-画像4

(3) 「舟形万灯籠」・・・京都市北区西賀茂・船山

京都五山送り火-画像5

(4) 「左大文字」・・・京都市北区大北山・左大文字山

京都五山送り火-画像6

(5) 「鳥居型松明」・・・京都市右京区嵯峨鳥居本・曼荼羅山

京都五山送り火-画像7

下記動画は、昨年の五山送り火の様子です。
山々にくっきりと浮かび上がる炎は大迫力ですね。

今年の夏はぜひ、
伝統的な京都の送り火に触れてみてはいかがですか。

京都五山送り火のオススメ観覧スポット

上記では、京都五山の送り火についてご紹介しましたが、
どこからが一番よく送り火の湯巣を眺めることができるのでしょうか?

まずオススメしたいのが、京都タワーです。

untitled

京都タワーの展望台からは、
上図の様な京都の送り火を全て眺めることができます。

少し離れてしまいますが、
全ての送り火を観賞したいという方にオススメです。

続いてご紹介したいのが、京都御所です。

京都五山送り火-画像9

蛤御門から清和院御門の間がオススメの観賞スポットです。

しかし京都御所からは、
上図の様に「大文字」しかご覧いただけませんので、ご注意ください。

また京都駅周辺でも、
京都五山の送り火を一望できる箇所があります。

京都駅ビル空中経路と大空広場では400名200組、300名150組を対象に、
五山の送り火が観賞できるようになっています。

京都五山送り火-画像10

応募者の中から抽選となり、
今年の応募期間は7月12日(土)~22日(火)です。

ホームページからも応募することができますので、
詳しく下記京都駅ビルの公式サイトをご覧ください。

京都駅ビル公式サイト:http://www.kyoto-station-building.co.jp/index.htm

またこの他にも、
今年の夏はちょっぴり贅沢に、
ホテルから五山の送り火を眺めるのも良いのではないでしょうか?

以下、京都五山の送り火が見えるオススメのホテルを3つご紹介しちゃいます。

まず1つ目が、京都ロイヤルホテル&スパです。

京都五山送り火-画像11

リーズナブルな価格にも関わらず、
広々とした部屋と細やかなサービス、
充実したアメニティに満足の声が高いホテルです。

詳細は下記楽天トラベルよりご確認いただけます。
★京都ロイヤルホテル&スパ★

続いてご紹介したいのが、
京都タワーホテルです。

京都五山送り火-画像12

宿泊者全員に京都タワー展望台の入場券が配布され、
五大の送り火を全て観賞することができます。

京都駅まで徒歩2分という、
立地の良さも魅力の1つです。

詳細は下記楽天トラベルでご確認ください。
★京都タワーホテル★

最後にご紹介したいのが、
京都国際ホテルです。

京都五山送り火-画像13

清潔感溢れる広々としたお部屋と、
バイキングスタイルの食事が人気のホテルです。

詳細は下記楽天トラベルをご覧ください。
★京都国際ホテル★

今年の夏は日本の伝統行事で決まりですね。

上記を参考に、
今年の夏も素敵な思い出を作ってくださいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ