京都お盆の嵐山灯篭流し2014時間と混雑は?宮津花火大会もおすすめ!

毎日暑い日々が続き、
本格的な夏の訪れを感じる今日この頃ですが、
みなさんは今年の夏はどのようにして過ごす予定ですか?

8月の中旬はお盆の時期という事あり、
ほとんどの方がお休みをもらえると思いますが、
この時期にお出かけをする方も多いのではないでしょうか。

そこでおでかけスポットとしてオススメしたいのが、
京都嵐山の灯篭流しです。

嵐山灯篭流し-画像1

昼間はゆったりと京都の古都の街を探索し、
夜には日本の伝統的な行事に参加するのも良いのではないでしょうか。

そこで今回は、
灯篭流しの意味と今年の嵐山の灯篭流しの日程などについてご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

嵐山灯篭流しに行こう!!

灯篭流しとは、
死者の魂を弔って灯籠やお盆のお供え物を海や川に流す日本の行事のことをいいます。

一般的にはお盆の時期に行われることが多く、
全国各地では様々な灯籠流しが行われています。

その中でも特に有名なのが、
京都嵐山の灯篭流しですが、
今年の灯篭流しはいつ行われるのでしょうか?

嵐山灯篭流し-画像2

今年の京都嵐山の灯篭流しの開催予定は、
8月16日(土)の19時~21時で、
場所は京都府立嵐山公園です。

詳しい周辺情報は、下記Google Mapをご覧ください。

Google Map:

毎年多くの観光客で賑わいを見せ、
日本の伝統的な夏の行事の1つとされています。

下記動画は昨年の嵐山の灯篭流しの様子です。

とても幻想的ですね。

当日は朝の10時より受付が行われ、
実際に灯籠流しの体験もすることができますので、
詳しくは下記嵐山灯篭流しの公式サイトでご確認ください。

灯籠流し公式サイト:http://www.geocities.jp/butto_renmei/

京都の嵐山に行かれたら、ぜひ灯籠流しを体験させてもらいましょう。

宮津花火大会とは?

上記では、今年の嵐山灯篭流しについてご紹介しましたが、
毎年同じ日には宮津花火大会も開催され、
こちらでも灯籠流しが行われるのです。

嵐山灯篭流し-画像3

約3,000発もの花火が打ち上げられる宮津花火大会の今年の開催日時は、
嵐山灯篭流しと同様に、8月16日(土)の19:30~20:20で、
花火の打ち上げ場所は宮津市島崎公園沖の宮津湾です。

お車でお越しの方は、
京都縦貫自動車道宮津天橋立ICより約10分です。

公共交通機関をご利用の方は、
北近畿タンゴ鉄道宮津線「宮津駅」下車で徒歩10分です。

嵐山灯篭流しはもちろんですが、
こちらの灯篭流しも要チェックですね。

灯篭流しの正しい意味を理解し、
心を込めて参加したいですね。

上記を参考に、
今年のお盆休みを一生の思い出にして下さいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ