長良川中日花火大会2014日程は?場所取りや駐車場と交通規制は?

夏と言えば花火大会。

長良川は岐阜県を流れる大きな河です。

今回は、その岐阜県の夏の風物詩、
長良川中日花火大会についてご紹介していきます。

ぜひ夏をエンジョイしてくださいね。
画像1

スポンサードリンク

第58回全国選抜長良川中日花火大会の日程は?概要も(打ち上げ花火数など)

今年は7月26日(土)8月2日(土)に行われます。

全国にある花火に携わっている会社などが
放出する選りすぐりの花火師が集まって花火を披露します。

打ち上げられる花火の数は昼の部、
夜の部と分かれていて合計30000とかなり大規模。

昼の部は12時から19時まで。

昼もいろいろなパフォーマンスを交えながら
楽しむ事ができる内容になっています。

夜の部は19時20分から20時45分。

オープニングスターマインやナイアガラの滝などさまざまな花火があがり、
スターマインに関してはコンクールが実施されます。

ぜひネットで投票してみてくださいね。


東海地方で最大級の花火だけに、
来場者も30万人以上とかなり人気です。

クライマックスは圧巻。

ファイナルスターマインが夜空を大きく彩り、
フィナーレを迎えます。

最近は大雨による河川増水で危ない状態になる事もあります。

また大雨などの際は8月23日(土)に延期になります。
画像2

打ち上げ場所のグーグルマップ


長良川公園の正面に当たる河が打ち上げスポットです。

川岸や少し広い範囲まで
足を伸ばせば見えるような開けた場所になっています。

http://hanabi.walkerplus.com/detail/ar0621e00797/map.html

場所取りのおすすめのスポットは?

他の会場でよく見られるような有料の観覧席などはありません

また、立入禁止区域以外の河原など
しっかり場所さえとっておけば自由に見る事ができます。

打ち上げ場所の正面にあたる長良川公園付近が
花火を近くで見るには最高のポイントですが、
最も混みあう場所でもあり、
前日から行かないと場所取りも大変な状態です。


長良川公園が絶妙な観覧スポットです。


長良川テニスコート付近も穴場スポット。

長良川がより近く見える場所もあるので、
近くでとにかく見たい!という方にはおすすめですね。

駐車場情報は?

駐車場は2000台なら無料であります。

岐阜県庁の北側や一日市場までありますが、
道路は混雑する事間違い無しでしょう。

交通規制は行われる?車で行かない方がいい?

交通規制は会場付近の道路を中心に通行止めになります。

夜の部が始まってから
、終わって日付が変わるころまでは道路が大変混雑して、
なかなか帰れないということがあります。

よって公共交通機関を使って電車で行く事をお勧めします。

車ではなかなか帰れなくなってしまう可能性もあります。

場所はJR岐阜駅から臨時バスが出ますが、
徒歩でいくなら40分くらいなので帰りは徒歩の方が早いでしょう。

いかがでしたか?

夏の風物詩、長良川の花火を楽しむために
しっかり場所取りもして行く事をお勧めします。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ