夏休み小学生の簡単工作集!貯金箱、気球、ペットボトルを使った作り方紹介!

あと1ヶ月ほどで、
お子さんが夏休みを迎えるという方も多いと思いますが、
気がかりなのが夏休みの宿題ですよね?

夏休み工作-画像1

長い夏休みには宿題もたくさんですが、
毎日コツコツと進めていれば良いのに、
夏休みが終わる頃に大慌てで取り掛かるというお子さんも多いと思います。

そんな夏休みの宿題で、
特に頭を悩ませてしまうのが、工作です。

何を作ろうかと考えたり、
材料を準備したりするのも一苦労ですよね。

そこで今回は、
夏休みの工作でオススメしたい貯金箱気球の作り方と、
ペットボトルでできる簡単な工作をご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

貯金箱と気球を作ろう!!

では早速、夏休みの工作の定番・貯金箱を作ってみましょう。

しかし貯金箱と言っても、
材料は何を用意すればよいのでしょうか?

そこでオススメしたいのが、
紙粘土を使った貯金箱です。

紙粘土なら簡単に自分の好きな形が作れますし、
100円ショップなどで購入することもできます。

WWL

材料は、ペットボトル紙粘土
装飾用の絵の具つや出し用のニスです。

作り方はまず、
よく洗ったペットボトルに切り込みを入れ、
お金の投入口を作ります。

SH3L0299

次にペットボトルの周りに紙粘土を装着し、
好みの形にしていきます。

夏休み工作-画像4

形が整ったら半日ほど乾かし、
絵の具で色を付け、絵の具が乾いたらニスを塗って完成です。

自分のオリジナルキャラクターの貯金箱を
作ってみるのも面白そうですね。

続いてご紹介したいのが、
気球の作り方です。

空を浮かぶ気球ですが、
一体どんな仕組みなのでしょうか?

夏休み工作-画像5

その仕組みは実は簡単で、
気球は「空気より軽いから浮かぶ」ことができます。

気球が空気より軽いわけがないと思われますが、
これは熱い空気の方が冷たい空気よりも軽いという原理を利用したもので、
気球の風船内で空気を加熱する事で、浮力を得ているということです。

しかし夏休みの工作で、
空に浮かぶ気球を作るのは危険なので、
今回は気球の形をした可愛らしいオートナメントを作ってみましょう。

夏休み工作-画像6

料は風船、新聞紙、のり、絵の具、
装飾用の折り紙・画用紙、毛糸。紙コップ
です。

まず初めに、
お好みの大きさにふくらませた風船にのりを塗り、
新聞紙で覆っていきます。

夏休み工作-画像7

のりが乾いたら風船を割り、新聞紙の形を整えながら、
画用紙や折り紙、絵の具を使って飾りつけをします。

夏休み工作-画像8

最後に穴が開いている方に毛糸と紙コップを、
穴の開いていない方に毛糸をつければ完成です。

色とりどりの気球を作って、
学校のみんなを驚かせちゃいましょう。

ペットボトルで何が作れる?

上記では紙粘土を使った貯金箱や、
気球の作り方をご紹介しましたが、
もっと手軽なアイテムを使って、
夏休みの工作を行うことはできないのでしょうか?

そこでオススメしたいのが、
ペットボトルです。

ペットボトルを使えば、
下図の様な様々な作品を簡単に作ることができちゃいます。

夏休み工作-画像9

夏休み工作-画像11

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どの家庭にも必ずあるペットボトルも、
テープや折り紙などで飾りつけをしてあげると、
見違えますね。

工作にお困りの方、
ぜひペットボトルを有効活用してください。

今年の夏休みは計画的に宿題に取り組み、
余裕を持って新学期を迎えたいですね。

上記を参考に、面倒な夏休みの工作も済ましちゃいましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ