夏のキャンプメンズ服装は?涼しげファッションスナップ集

もうすぐ6月も終わり、
そろそろ梅雨明けの季節が訪れる今日この頃ですが、
梅雨が明ければ本格的な夏がやってきますね。

夏といえばお祭りに花火大会、
海やプールなどの楽しいイベントが盛りだくさんですが、
キャンプに行かれるという方も多いのではないでしょうか?

キャンプ2-画像1

テントの組み立てやBBQの火おこしなど、
男性は手際良く準備をすることで、
女性陣にアピールすることができますが、
折角ならファッションでも格好良くキメたいですよね?

そこで今回は、キャンプ場でオススメの男性ファッションと、
避けたいNGファッションについてご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

キャンプ場のモテファッションとは?

キャンプ場のファッションで押さえておきたいポイントは、

オシャレなだけでなく、機能性も重視
した格好であるということです。

そこでオススメしたいのが、
下図の様なレギンス

キャンプ2-画像2

ジーンズなどのパンツに比べ、レギンスの方が動きやすく、
また虫刺されや怪我の予防にもなります。

インパクトのあるTシャツやハーフパンツには黒のシンプルなレギンスを、
トップスやパンツがシンプルなデザインなら、柄有りのレギンスに挑戦しちゃいましょう。

この他にオススメしたいのが、
下図の様なスウェットパンツを用いたコーディネートです。

キャンプ2-画像3

レギンス同様、他のパンツに比べてスウェットパンツは動きやすく、
また涼しい素材も魅力です。

グレーのパンツにはどんな服装も合わせやすいのでオススメです。

しかし、トップスも同系色のスウェット素材のものを持ってくると、
部屋着の様な印象になってしまうので注意しましょう。

やはりオシャレしつつもきちんとキャンプのことを考えた
コーディネートが好印象ですね。

キャンプ場のNGファッションとは?

上記では、キャンプのオススメファッションをご紹介しましたが、
一方あまり望ましくないファッションとはどんなものなのでしょうか?

まず気を付けないといけないのは、
TPOに合った服装をしているかということです。

キャンプ2-画像4

例えば上図左の様にジャケットを合わせたスタイルは、
普段のデートなら格好良いですが、
自分たちでテントを組み立てたり料理をしたりなど、
よく動き、時には服が汚れてしまうようなキャンプの場ではNGです。

続いて気を付けたいのが、
動きやすさのみを重視した服装になっていないかということです。

キャンプ2-画像5

上図の様に、動きやすいようにと上下ジャージでキメても、
女子はときめくどころか、
自分たちのためにオシャレをする気がないのだと思われてしまいます。

せめてトップスかボトムスのどちらかを別のアイテムにし、
上図に組み合わせましょう。

テキパキと動き、
キャンプ場ファッションの着こなしもバッチリで、
注目の的間違いなしですね。

上記を参考に、
ぜひ今年の夏は楽しいキャンプを過ごしてくださいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ