千葉人気キャンプ場ランキング2014!海辺、風呂、コテージ情報など

全国的にも梅雨を迎え、
ジメジメとした日々が続いていますが、
梅雨が明ければお待ちかねの夏本番です!!

夏といえば、海やプール、
花火大会やお祭りなどの楽しいイベントが盛りだくさんですが、
キャンプも注目のイベントの1つです。
キャンプ1-画像1

全国各地には、たくさんのキャンプ場がありますが、
その中でも特にオススメしたいのが、
千葉県にある九十九里オートキャンプ場と大原オートキャンプイン「そとぼう」です。

そこで今回は、
九十九里オートキャンプ場と大原オートキャンプイン「そとぼう」について、
営業日や連絡先、マップなどの基本情報と共に、オススメの理由をご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

九十九里オートキャンプ場でキャンプを楽しもう!!

まず初めにオススメしたいのが、
九十九里オートキャンプ場「太陽と海」です。
キャンプ1-画像2

キャンプ1-画像3

目の前には太平洋が広がり、
近隣には海水浴場やプール、
釣り場や10kmにも及ぶサイクリングロード
もあり、
夏の思い出づくりには欠かせない絶好のキャンプ地です。

住所は千葉県旭市東足洗2746-10です。

お車でお越しの方は、
東関東自動車道・成田インターチェンジから約45分で到着します。

周辺情報は、下記Google Mapをご覧ください。

Google Map:

このキャンプ場は通年利用することができ、
チェックインは13時~18時、
翌日のチェックアウトは11時です。

また利用には予約が必要です。

予約の際は、0479-74-7515までお電話をお願いします。

利用料金は、4名まで利用可能な約70㎡のAC電源付き区画が5,400円です。

またテントを張るのが苦手だという方には、
バンガローやコテージへの宿泊をオススメします。

4名まで利用可能なバンガローは、
照明とエアコン付きで1泊9,200円です。

一方コテージも定員4名で、
シャワールーム、トイレ、キッチン、
冷蔵庫、エアコン、テレビ付きで1泊16,200円です。

まるで海辺の別荘に来たかのような気分を味わうことができますね。

またあまりキャンプ道具を持っていないという方でも、
このキャンプ場ではテントや毛布、ランプや調理器具セットを
レンタルすることができますので、
安心してキャンプを楽しめますね。

この他にも宿泊スペースがありますので、
詳しくは下記「太陽と海」公式サイトでご確認ください。

「太陽と海」公式サイト:http://tandu.jp/

大原オートキャンプインキャンプを楽しもう!!

続いてご紹介したいのが、
大原オートキャンプイン「そとぼう」です。

キャンプ1-画像4

キャンプ1-画像5

海岸まで約30秒という場所に位置し、
海水浴やサーフィン、釣りを楽しむことができるキャンプ場です。

住所は千葉県いすみ市深堀1831です。

お車でお越しの方は、千葉東金道路・東金インターチェンジを降りて、
国道128号線で大原方面です。

周辺情報について詳しくは、
下記Google Mapをご確認ください。

Google Map:

このキャンプ場は通年利用可能で、
チェックインは13時~20時、翌日のチェックアウトは8時~11時です。

利用には予約が必要ですので、
0470-62-8277までお電話予約してください。

キャンプ場は計5つのエリアで別れており、
どのエリアも宿泊料は4,000円程度です。

別途大人1,000円、子ども500円の利用料金がかかります。

宿泊エリアの他にも、トイレや炊事場はもちろん、
シャワー室も完備されていますので、
女性や小さいお子さんも安心してお使いいただくことができます。

またキャンプ道具をお持ちでない方も、
テントや寝袋、ランプや調理器具のレンタルを行っておりますので、
気軽にキャンプを楽しむことができますね。

利用に関する詳しい情報は、
下記「そとぼう」公式サイトに掲載されていますので、ご参考下さい。

「そとぼう」公式サイト:http://i-camp.net/ooharacamp/index.html

美しい自然とともに美味しい食事が楽しめるBBQやテントでの宿泊など、
普段はなかなか体験できないことができちゃうのがキャンプの魅力ですよね?

またどちらも海に近いので、
海水浴等も楽しめちゃいます。

上記を参考に、
今年の夏はぜひキャンプでよい思い出を作ってくださいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ