子供がプール熱症状は?目やにや夏風邪との違いや薬、潜伏期間と保育園の登園許可は?

毎日暑い日が続き、
いよいよ本格的に夏の訪れを感じる今日この頃ですが、
お子さんが通う保育園や学校でも、
プール開きが行われたという方も多いのではないでしょうか。
プール熱-画像1

お子さんも毎年この時期を楽しみにしていると思いますが、
気を付けたいのが体調管理ですよね?

風邪はもちろんですが、
特に要注意なのがプール熱です。

そこで今回は、子どもがかかるプール熱特徴について、
夏風邪との違いや、潜伏期間等をご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

プール熱って?

これからの時期、
プール熱という言葉を耳にする機会が多くなると思いますが、
プール熱とは一体どんな病気のことを言うのでしょうか?

プール熱とは、
正式名称は咽頭結膜熱というアデノウイルスによる感染症のことで、
プールの水を媒介して感染しやすいことから、
プール熱と呼ばれています。

感染後は4~5日間潜伏期間を経て、
突如38~40℃の高熱が1週間ほど続いてしまいます。

ただの夏風邪だろうと思われがちですが、
プール熱では喉の痛みや結膜炎を伴い、
また感染力も強いとされています。

また、そのように目の痒みや目やにが発生しやすい結膜炎も伴うことから、
はやり目と呼ばれる流行性角結膜炎とも間違われることが多いのですが、
はやり目とは異なり、プール熱では高熱が出るので要注意です。

一見プール熱とは、
プールに入る機会がない大人には関係ないと思われがちですが、
家族から感染するというケースがとても多く、
この時期は大人もかかりやすいとされています。

子どもに比べれば症状は軽いのですが、
油断せずに十分に注意して感染を防ぎましょう。

プール熱で気を付けたいこと

上記では、プール熱の症状について説明しましたが、
プール熱にかからないようにするためには、
どう気を付けたら良いのでしょうか?

まず予防策として、外出後のうがい手洗いや、
タオルや洗面器、食器を共有しないことを徹底しましょう。

またマスクをするのも有効的です。

プール熱-画像2

気を付けていたにもかかわらずプール熱にかかってしまったかも!?
という場合は、まずは病院で早めに診断を受けましょう。

実はプール熱は、その高い感染力から、
保育園や学校では出席停止になってしまうのです。

周りに移さないようにするためにも、
早めに病院での診断を受けることが大事ですね。

解熱後2日後より、
登園や登校が許可されますので、
その間は安静にして、十分に休息をとりましょう。

また残念ながら、
今のところプール熱には特効薬がありません

身体を休め、免疫力を高めることと、
十分な水分補給で脱水とのどの痛みを予防し、
プール熱に打ち勝ちましょう!!

折角楽しみにしていたプールは、
元気いっぱいで取り組みたいですよね?

上記を参考に、プール熱には十分気を付けましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ