昭和記念公園プール2014プレオープン?混雑情報割引券は?

毎日暑い日が続き、
本格的な夏の訪れを感じ始めている今日この頃ですが、
みなさんは今年の夏はどのように過ごすご予定ですか?

夏といえば花火大会にお祭り、BBQなど、
楽しみなイベントが盛りだくさんですが、
暑さ対策も兼ね、
プールへ遊びに行かれる方も多いのではないでしょうか?

日本各地にはたくさんプール施設が存在しますが、
その中でも今回特にオススメしたいのが、
昭和記念公園プールです。

プール4-画像1

昭和記念公園内に設けられたプールは、
その広さと種類の豊富なプールに、人気の高いプールです。

そこで今回は、
昭和記念公園プールについて、
営業時間や利用料金、
アクセス方法などをご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

昭和記念公園プールってどんなプール?

昭和記念公園プールは、
首都圏最大級の総面積63,000㎡に9つのプールを擁する、
本格的なレジャープール施設です。

今年2014年のプール開園情報はまだ公開されていませんが、
昨年は7月13日から9月3日の約2ヵ月間に渡り営業していました。

営業時間は朝の9時半から18時半もしくは18時までとなります。

お出かけの際は必ず、
下記昭和記念公園ホームページで営業時間等ご確認ください。

昭和記念公園ホームページ:http://www.ktr.mlit.go.jp/showa/

例年、やはり世間的に休みの人が多い、
8月中旬が混雑のピークを迎えます。

休憩所も満員になりますので、
遅くとも11時頃までには、
休憩場所の確保をしておくことをオススメします。

昭和国記念公園プールの利用料金は、
高校生以上の大人が2,200円、
小・中学生の子供が1,200円、幼児が300円です。

20名以上だと団体割引が適用されますので、
友達をたくさん誘って行くのも良いですね。

そんな昭和記念公園のプールですが、
いくつか種類がある中で、
特にオススメしたいプールを3つご紹介します。

まず1つ目は、大滝プールです。

プール4-画像2

大小合わせて5つの滝があるプールで、
まるで滝に打たれる修行の気分を味わうことができます。

続いて2つ目は、流水プールです。
プール4-画像3

一周360メートルの距離を、
ゆったりと流れるプールです。

浮き輪に乗って、
日光浴でも楽しんじゃいましょう。

最後3つ目は、
ウォータースライダーです。
プール4-画像4

4つのレーンが伸びるカラフルなスライダーは、
子供も大人も楽しめる、

迫力満点のアトラクションです。
無料で何度も滑れるのが嬉しいですね。

この他にも様々なプールがありますので、
ぜひ全てのプールを制覇しましょう。

昭和記念公園プールへ行くには?

上記では、昭和記念公園プールの利用料金や
オススメのプールについてご紹介しましたが、
昭和記念公園はどこにあるのでしょうか?

昭和記念公園の住所は、
東京都立川市緑町3173です。

周辺情報について詳しくは、
下記Google Mapをご参考下さい。

Google Map:

お車でお越しの方は、
中央道・八王子インター下車で約40分です。

専用駐車場を設けていますが、
駐車料金が850円かかりますのでご注意ください。

公共交通機関でお越しの方は、
JR中央線・立川駅より徒歩10分で到着します。

こんなにたくさんの種類のプールがあり、
ワクワクしちゃいますね。

今年の夏はぜひ、恋人やご家族、
ご友人と昭和記念公園プールを訪れ、
素晴らしい思い出を作ってくださいね。

東京の人気スライダー付屋外プールに関連する記事を特集しましたのでごらん下さい
⇒「まとめ記事のリンク

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ