東京サマーランドプール開き2014日程は?営業時間やアクセス、混雑と場所取り情報も

つい先日、日本各地で梅雨入りが発表されましたが、
梅雨が明けるといよいよ本格的に夏の到来ですね。

花火大会やBBQなど、
夏には楽しいイベントが盛りだくさんですが、
プールに行かれるという方も多いのではないでしょうか?

プール1-画像1

各都道府県にも多くのプールが設立されていますが、
やはり人気なのはたくさん種類があり、
スライダーなどの遊具も豊富で、大きなプールですよね。

そこでオススメしたいのが、
東京サマーランドです。

夏になるとCMも話題になりますよね。

プール1-画像2

以下、今年2014年東京サマーランドプール開き日営業時間や利用料金、
アクセス方法、おすすめプール、混雑、場所取り情報などをご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

東京サマーランドについて知ろう!!

東京都あきる野市にある東京サマーランドは、
屋内・屋外に計25個のプールと18個のアトラクションがある、
関東最大級のプールレジャー施設です。

屋内のプールは通年利用することができますが、
夏季限定の屋外プールの今年の利用開始日は7月1日(火)です。

屋外プールの解禁以降、土日は特に混雑が予想されますが、
最も混雑するのは毎年、一般的に社会人も休みの方が多い、
8月中旬のお盆休みの頃の様です。

また混雑時は、お昼休憩をしようとしたら、
休む場所がないということが大いに予想されます。

場所取りをするなら、11時前頃にはレジャーシートで場所を確保する等して、
準備をしておいた方が良さそうです。

営業時間は朝の9時から17時
朝の10時から18時までと日によって異なりますので、
事前に下記東京サマーランドホームページでご確認下さい。

東京サマーランドホームページ:http://www.summerland.co.jp/

全てのアトラクションが利用できるフリーパス付の入場料は、
中学生以上の大人が4,500円、小学生が3,500円、
小学校入学前の幼児と61歳以上のシニアは2,000円です。

プール以外のアトラクションを楽しみたいという方は、
こちらがお得です。

また15時以降の入場者や
東京サマーランドホームページで取得できるクーポンをお持ちの方は、
お得に利用することができます。

そんな東京サマーランドには、
様々な種類のプールが設けられていますが、
その中でも特にオススメしたいプールを3つご紹介します。

まず1つ目は、
スーパーモンキーフロートと名付けられたプールです。

プール1-画像3

水面には浮橋が設けられ、
足元が不安定な中最後まで渡り切れるか、
ドキドキハラハラの体験が楽しめるプールです。

続いて2つ目は、
タワーズロックです。

プール1-画像4

高さ約20mの位置から、
ボートに乗って滑り降りるウォータースライドです。

スライドにはバックドロッパー、
コブラツイスターの2種類あるので、
お好きな方をお楽しみください。

最後の3つ目は、グレートジャーニーと呼ばれる、
とにかく長い流れるプールです。

プール1-画像5

全長約650mもの流れるプールでは、
浮き輪に乗ってプカプカとお散歩するのが気持ち良いですね。

この他にもたくさん楽しいプールがありますので、
全制覇を目指してみてくださいね。

東京サマーランドへ行くには?

上記では、東京サマーランドの営業期間や入場料、
オススメのプールについてご紹介しましたが、
東京サマーランドへ行くにはどうしたら良いのでしょうか?

以下、住所やアクセス方法をご紹介します。

東京サマーランドの住所は、
東京都あきる野市上代継600です。

詳しくは下記Google Mapをご参考下さい。

Google Map:

お車でお越しの方は、
圏央道のあきる野インターを下り、
国道411号線で到着です。

公共の交通機関をご利用の方は、
JR中央線八王子駅で下車し、
八王子駅北口より路線バス6番乗り場より
東京サマーランド行きのバスをご利用ください。

今年の夏の暑さを乗り切るため、
プールで涼みながら思いっきり楽しんじゃいましょう。

上記を参考に、
ぜひ東京サマーランドで過ごす1日をお楽しみください。

東京の人気スライダー付屋外プールに関連する記事を特集しましたのでごらん下さい
⇒「まとめ記事のリンク

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ