お風呂のカビ対策掃除や換気はどうする?マンションの場合は?

6月に入り、いよいよ全国的にも梅雨入りを迎えようとしている今日この頃ですが、
梅雨に避けては通れないのがカビ問題ですよね?

カビ1-画像1

後で食べようとしていたパンにカビが・・・
なんてことも珍しくないこの時期ですが、
特に悩まされてしまうのが、お風呂場のカビではないでしょうか?

普段から気を付けて掃除をしていても、
いつのまにか広がっているカビですが、
カビに有効な掃除方法とは一体どんな方法なのでしょうか?

そこで今回は、お風呂場のカビ対策として、
有効的な掃除換気の仕方、
またマンションで気を付けるべき点をご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

お風呂場のカビに有効な掃除・換気方法と裏ワザ

梅雨時期は、できるだけ余分な湿気を出さないようにしたいのが本音ですが、
お風呂に入らないというわけにはいきませんよね。

カビ1-画像2

そこでまず気を付けるべきなのは、
カビ菌を繁殖させないような工夫をするということです。

簡単にできる方法として、
お風呂から上がる際、
浴室の壁や床に、
42℃~60℃くらいの熱湯
をかけてみましょう。

これだけでカビ菌を死滅させることができるのです。

カビ1-画像3

またカビ菌は、床や浴槽、風呂桶等に残った

シャンプーやボディーソープ
を栄養に繁殖しますので、
きちんと洗い流すことも重要です。

その後換気扇で湿度を押さえるだけで、
カビの繁殖をかなり抑えることができます。

加えて、浴槽などの水気をふき取ると、より効果的です。

またカビを予防するのに有効的な換気方法ですが、
ほとんどの方がお風呂を使用した後、
1~2時間程度で換気扇をオフにしてしまうと思いますが、
梅雨時期には24時間つけておくことをオススメします。

換気扇を24時間使用した場合でも、
電気代は一ヶ月に150円程度ですので、
電気代の心配もありませんね。

しかし、上記のような工夫をしたにも関わらず、
カビが発生してしまったという場合には、
正しい掃除方法で、カビ菌を根絶させましょう。

カビ掃除用の薬品として多く販売されている塩素系の薬品ですが、
この薬品はカビを殺菌漂泊して取るものなので、
つけたら擦らずに、そのままにしておくのが良いでしょう。

また壁や床などの広い箇所には、
新聞紙を広げ
水で2~3倍薄めた塩素系漂白剤をまき、
1時間後に水で洗い流すと、綺麗にカビが取れるのでオススメです。

風呂桶のふたなども同様に、塩素系の薬品をつけておき、
1時間後に水で綺麗に洗い流しましょう。

またマンション住まいで、
カビにお悩みの方も多いと思いますが、
マンションは一軒家に比べてお風呂場に日が当たりにくく、
カビの繁殖を促してしまう恐れがあります。

昼間は浴室の扉を開けておき、
風の通りを良くして、十分に浴室の換気を行うことが大切です。

カビ対策の裏ワザ!?

上記では、一般的なカビ掃除の方法や予防方法についてご紹介しましたが、
実は意外なものが効果を発揮するのです。

まずカビ対策には、塩素系の薬品以外にも、
エタノール液での消毒が効果的だと言われています。

アルコール度数が50%以上のエタノールには殺菌効果があり、
カビ菌にも有効なのです。

最も効果的な使用方法は、
こまめにお風呂場の天井にエタノール液をまく方法です。

天井に繁殖しているカビ菌が胞子状となり、
お風呂場一面に害を及ぼす危険性があるので、ぜひ実践しましょう。

また最近では、下図の様なアロマ防カビ剤も販売されています。

カビ1-画像4

湿気が気になる場所に置いておくだけで、
高い除菌効果はもちろんですが、
カビ独特の嫌な臭いも消臭してくれます。

香りにもいくつかの種類があるので、
ぜひお好みの香りを見つけてくださいね。

これからの時期に迎える憎きカビ菌を綺麗に除去し、
綺麗なお風呂場で快適に生活したいですよね?

上記を参考に、今年の梅雨は、
万全のカビ対策で臨みましょう!!

こちらもカビ対策の記事です
布団下のカビ対策!フローリングや畳の場合は?換気や乾燥の方法は?

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ