メンズ髪型結婚式ゲストでお呼ばれ!ロングOK?二次会は?自分でスタイリング

もうすぐで6月を迎えようとしていますが、
みなさんはJune Brideという言葉をご存知ですか?

June Brideとは直訳をすると、
6月の花嫁という意味になりますが、
6月に結婚をすると、生涯幸せな結婚生活が続くと信じられているため、
6月は結婚式が多くなる季節なのです。

結婚式1-画像1

そのため、結婚式に出席する機会も多くなるとは思いますが、
服装も髪型もバッチリキメていかないといけませんよね?

そこで今回は、結婚式にふさわしい男性のヘアスタイルについて、
マナーやスタイリング方法をご紹介しちゃいます。

スポンサードリンク

結婚式にふさわしい髪型は?

まず忘れてはならないのが、
結婚式での髪型のマナーです。

結婚式での髪型で大切なのは、
華やかさがあること、清潔感があることです。

上記を踏まえ、オススメしたいのが、
トップにややボリュームを持たせた、ショートヘアです。

結婚式1-画像2

清潔感を出すなら、やはりショートスタイルがオススメです。

ツヤの出るスタイリング剤を使ってトップに動きを持たせることで、
華やかな印象にもなります。

前髪を上げると、より爽やかさを演出できますね。

また、少し長めの髪型が良いという方は、
セットする際に耳を出すことで、
清潔感を演出することができます。

結婚式1-画像3

スタイリングの際には、あまり毛先に動きを出し過ぎない方が、
落ち着いた大人の男性の色気をアピールできるのではないでしょうか。

またこれ以上のロングヘアーだと、
何だかだらしのない印象を与えてしまうのではないかと不安になってしまいますよね。

伸ばしっぱなしでボサボサな髪の毛はもちろんNGですが、
パーマをかけたり、ツヤの出るスタイリング剤できちんとセットしたりすれば、
ロングヘアーでも全く問題ありません。

結婚式1-画像4

しかし、顔に髪の毛がかからないよう
セットの際には分け目にも気を配りましょう。

以上の点に注意して、
間違っても寝起きで寝癖がついたまま
結婚式に出席するなんてことがないようにしましょう。

また結婚式と言っても、披露宴と二次会とでは、
マナーも大きく異なります。

二次会のみの参加の場合は、披露宴と比べ、
服装や髪形もそこまで堅苦しくキメる必要はありません。

だからと言って、Tシャツにジーンズ、ボサボサ頭ではいけません。

ドレスコードはきちんと守り、
招待してくれた方に恥をかかせないよう、
楽しい会にしてくださいね。

結婚式にオススメヘアスタイルの簡単スタイリング方法!!

上記では、結婚式に出席する際の髪型で、
気を付けたい事やオススメの髪型をご紹介しましたが、
自分でセットするには、どうしたら良いのでしょうか?

まずご紹介したいのが、トップにボリュームを持たせるセット方法です。

適量のワックスを手のひらで良く伸ばし、
根元から立ち上げるイメージでセットしましょう。

詳しくは、下記動画をご参考下さい。

続いてご紹介したいのが、前髪アップのセット方法です。

ワックスを手に伸ばし、トップやサイドの髪をセットした後、
その手に残ったワックスで前髪を整えます。

詳しくは、下記動画をご参考下さい。

最後にご紹介したいのが、
ロングヘアーでパーマをかけている方向けのスタイリング方法です。

ワックスを手のひら全体に伸ばし、髪の毛全体に馴染ませたら、
理想の形に整えていきましょう。

詳しくは、下記動画をご参考下さい。

折角の知人の晴れ舞台、
自分もきちんとした格好でお祝いしたいですよね。

上記を参考に、ぜひ素敵な結婚式にしてあげてくださいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ