井の頭公園2015花見!場所取りライトアップや混雑情報桜の見頃&開花状況!

ようやく暖かい日々が続くようになり、
春の訪れを実感できるようになりましたね。

近所の桜もあと少しで開花の瞬間を迎えそうですが、
折角だから綺麗な桜のもとでお花見を楽しみたいですよね?

clip_image002

毎年必ずお花見に行かれるという方も多いと思いますが、
今年のお花見の場所はすでに決定済みでしょうか?

あまりのんびりしていると見頃の時期を過ぎてしまうかもしれませんね。

そこで今回は、日本各地の数ある桜名所の中でも特にオススメをしたい、井の頭公園桜の種類や本数、アクセス方法などをご紹介します。

スポンサードリンク

井の頭公園でお花見をしよう!!

東京都武蔵野市にある井の頭公園は、
ソメイヨシノやヤマザクラなどの種類豊富な桜が460本も咲き誇ります。

また池の周囲に咲く約250本の桜は、
池にせり出すように枝を広げ、

七井橋の上から眺める満開の桜や、
水面に散る花吹雪はお見事の一言です。

clip_image004

今年の桜の見頃は、3月下旬から4月初旬で、
毎年満開の頃には多くの花見客で賑わいます。

3月27日時点の最新の情報では、3月20日に開花が確認されました!!

今週末、来週末辺りが花見のピークですね!!

下記画像・動画は昨年の井の頭公園の桜満開時の様子です。
四方を桜に囲まれ、何だか幻想的ですね。

ボートに乗って桜を眺めようとする乗車客もとても多いですね。

clip_image006

井の頭公園は入園料無料で、24時間開放されています。

しかし宴会は22時までと制約がありますので、ご注意ください。

お花見の人気スポットですが、
一番人気はやはり井の頭池のほとりや遊歩道の近くだそうです。

ピーク時には前日から徹夜して場所取りをする人も多く、
遅くとも朝の8時頃には到着していた方が良さそうです。

また井の頭公園では、夜桜のライトアップは行っていませんが、
街灯が多いので、その灯りを利用して夜桜を楽しむ事が出来ます。

clip_image008

このままいつまでも眺めていたくなりますね。 ⇒他の東京の桜の名所スポットに関してはコチラ!!

 

井の頭公園へのアクセス方法

井の頭公園の住所は、東京都武蔵野市御殿山1-18-31です。

お車でお越しの方は、中央道調布ICから約20分、

中央道高井戸ICから約20分です。

駐車場は60台駐車可能で、1時間400円でご利用いただけます。

しかしお花見時期には混雑が予想されますので、
公共交通機関のご利用をオススメします。

JR京王井の頭線吉祥寺駅から徒歩5分、京王井の頭線井の頭公園駅から徒歩1分です。

駅から近いのが嬉しいですね。

今年のお花見はどこに行こうかとお悩みの方、参考になったでしょうか?

日本各地には様々な桜名所がありますが、井の頭公園もぜひ訪れてみてくださいね。

みなさんが楽しいお花見を迎えられますよう願っています。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ