関西しだれ桜の名所醍醐寺の2014見頃&開花情報!ライトアップ&混雑情報も!

日に日に暖かくなり、ようやく春らしくなってきた今日この頃ですね。

ニュース等でも、桜の開花情報などの話題があがっていますね。
毎年お花見にお出かけされる方も多いと思いますが、
今年はどちらへ行こうかお決まりですか?

clip_image002

日本各地には桜の名所が沢山ありますが、
その中でも特にオススメしたいのが、京都府の醍醐寺です。

そこで今回は、醍醐寺に咲く桜の種類や本数、
アクセス方法についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

醍醐寺の桜を観に行こう!!

醍醐寺は京都府京都市の伏見区に位置し、
真言宗醍醐派の総本山で、
京都府最古の木造建築である五重塔は京都屈指の観光スポットです。

H0000097266

一山の総門から仁王門までの間を「桜の馬場」と呼び、春には道の両脇に植えられた桜並木を始め、シダレザクラやソメイヨシノ、ヤマザクラなど約1000本の桜が咲き誇ります。

clip_image004

古くからの桜の名所として名高く、
かの豊臣秀吉も晩年に醍醐で花見を行った事でも有名です。

桜の見頃は3月下旬から4月上旬で、
毎年この時期には多くの花見客で賑わいます。

醍醐寺

開園時間は朝の9時から夕方の5時で、
入園料は大人600円、子供300円です。

混雑を避けたいという方は、入園開始時間直後の訪問をオススメします。

また毎年春には、
豊太閤大観桜行列という桜まつりが催され、
雅楽や今様、狂言や地元少女による踊りが披露されます。

clip_image006

下記写真・動画は昨年の豊太閤大観桜行列の様子です。
大いに盛り上がっている様子がうかがえますね。

今年の開催日程は、4月13日(日)13時からです。

売店や出店も多く出店されるので、そちらも楽しみですね。
しかしこの日は特に混雑が予想されますので、
お越しの際は十分にお気を付け下さい。

残念ながら醍醐寺では、夜桜のライトアップは行われていないようです。醍醐寺には天気が良く、暖かい日にお花見に行くのが良さそうですね。

京都まで足を運んだ際には、折角ですので古都巡りも兼ねて行うと良いですね。

 

醍醐寺へのアクセス方法

醍醐寺の住所は、京都府京都市伏見区醍醐東大路町22です。

お車でお越しの方は、名神高速京都東IC下車、五条方面に向かって奈良街道に入り、醍醐方面へお進みください。
約20分で到着します。
駐車場は100台駐車可能で、一日700円で利用する事ができます。

醍醐寺2

ただ花見の時期は駐車場の混雑が予想されますので、
公共交通機関も有効に活用してください。

JR山科駅から京都バス六地蔵行きで20分、
またはJR京都六地蔵駅から京阪バス山科行で15分です。

更に詳しいアクセス方法は、下記醍醐寺公式HPよりご確認いただけますので、ぜひご参照ください。

醍醐寺公式HP:http://www.daigoji.or.jp/

古都の街・京都でのお花見はより一層趣がありますね。

これからお花見の場所をお考えの方、ぜひ参考にして下さいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ