花粉症は何科を受診?処方薬と注射の時期・費用・副作用は??

いよいよ、本格的に花粉症に悩まされる時期がやってきました。

花粉症と一口にいっても以下のような色々な症状がありますので、
何科受診したらよいのか、迷う人も多いと思います。

スポンサードリンク

症状で選ぶ!

 

花粉症の症状は主に鼻と目に現れます。
ですので、基本的に耳鼻科でも眼科でも受信可能です。

例えば鼻の症状が辛い場合は耳鼻科で受信し、
目の症状についても耳鼻科の医師が対応することができます。

これは花粉症の治療方法が、医師の専門分野を問わず十分に普及しているからです。
(ちなみに医師免許というのは専門分野ごとの資格ではないので、他の診療科の知識も一通り備えています。)

 

花粉症

 

ですので、目のかゆみと鼻の症状が辛い場合は、
どちらを治したいか、どちらが深刻かを基準に診療科を選んだほうが良いでしょう。

花粉症の症状についてはコチラ!

⇒ 花粉症の症状毎の対策!2014傾向と頭痛、発熱、目のかゆみや咳が止まらない場合の対策をご紹介!!

 

花粉症の処方薬と市販薬の違いは??

 

花粉症で病院にかかったときに出されるのがほぼ間違いなく抗アレルギー剤です。
アレジオン、アレグラ、ジルテックなどありますが、どても種類が多いです。

薬の強さによって一日に1回か2回かの違いはありますが、
大体毎日服用するように言われます。

これに対し市販薬の大半は抗ヒスタミン剤と呼ばれるものです。

抗アレルギー剤と比べ即効性があるものの、眠気が強いという副作用もあります。
また即効性がありますが長時間持続しないのが難点で
服用後に時間をかけて溶かすためにカプセル状になっているものが多いです。

シダトレンや薬についてはコチラ!!

花粉症2014市販薬ランキング!

 

花粉症の予防注射って?

 

意外と知られていないのですが、実は花粉症を予防出来る注射があるのをご存知ですか?

注射1本で花粉症の苦しみから解放されるなんて夢のような話ですが、
その注射には種類がたくさんあり、どの注射を打つかや、
副作用についてきちんと知っておく必要があります。

 

clip_image006

主に挙げられるのが、(1)ノイロトロピン注射、(2)ステロイド注射、(3)ヒスタグロピン注射の3種類です。それぞれの注射の特徴を紹介します。

 

(1) ノイロトロピン注射

 

花粉症による鼻水、鼻づまり、目の痒みに対し効果があり、
皮膚の掻痒感を抑えてくれます。
飲み薬だと、漢方薬の様なもので体にほとんど負担がかかりません。

飲み薬との併用も可能で、副作用などもない事から、多くの病院でも使用されています。
注射自体もあまり痛くありません。
ただし、欠点として即効性は無く、効果に個人差があります。

費用は一回1,000円くらいです。

 

(2) ステロイド注射

 

ステロイドには免疫抑制効果があり、花粉に対するアレルギー反応を抑制する効果があると言われています。
しかしあまりにも強力な効果を持つため、身体の様々な機能バランスに影響を与え、感染症、胃潰瘍などの様々な副作用を招く場合もあり、オススメ出来ません。

ただ副作用を除けば症状は収まり、注射の回数も1シーズン一回で済みます。

費用は一回1,000円くらいです。

 

(3) ヒスタグロビン注射

 

ヒスタミン抗体を産出し、花粉によるアレルギー反応でヒスタミンが放出されても。
耐性が出来ているので反応を抑えることが出来ます。

しかし効果が出るには時間がかかるので、花粉症の症状が出始める前に摂取する必要があるのと、喘息発作、眠気、頭痛、注射部通などの副作用も報告されています。
3回から12回位の注射が必要なので1月から2月くらいから始めたほうがいいです。

なかなか簡単には花粉症ともオサラバ出来なそうですが、お医者さんともよく相談し、自分に合った治療法を見つけるのが良さそうですね。

費用は一回500円くらいです。

 

花粉症について、まとめてあります!

花粉症2014の時期はいつまで?症状と最新治療対策のまとめ

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ