花粉症2014の時期はいつまで?症状と最新治療対策のまとめ

日に日に暖かくなり、奇しくも花粉症シーズン到来ですね。

 

clip_image002

 

一刻も早く終わってほしい!!
とお思いの方も多いとは思いますが、
今年の花粉症の症状はいつまで続く予定なのでしょうか?

そこで今回は、地域別2014年の花粉ピーク時期予想、
その対策と最新の治療法についてご紹介します。

 

clip_image004

 

2014年地域別花粉症情報

スポンサードリンク

今年も1月の下旬から2月の始めに、
九州や関東地方では花粉シーズンに入った模様です。

すでに、何かムズムズする・・・
と感じる方もいるのではないでしょうか?

またこのムズムズがいつまで続くのかも気になりますよね。

全国的に猛威を振るい始めた花粉症ですが、
花粉にもいくつか種類があり、
また地域によって花粉が飛散する時期や飛散量が異なります。

花粉から逃げたいから引っ越そう!!
とは簡単に行きませんが、
お出かけの際には地域の花粉情報を知っておいた方が良さそうですね。

気象庁の最新の発表では、以下のように今年の花粉予想がされました。

 

☆北海道・東北地方

 

3月の中旬から下旬にかけてスギ花粉のピークを迎えます。

 

☆関東・東海地方・近畿地方

 

3月いっぱいにスギ花粉のピークを迎え、4月の上旬から中旬にかけてヒノキ花粉のピークを迎えます。

 

☆中国・四国・九州地方

 

2月下旬から3月の中旬までスギ花粉のピークを、3月下旬から4月上旬までヒノキ花粉のピークを迎えます。

 

上記では花粉の主とされる、スギ花粉とヒノキ花粉のピーク時期をご紹介しましたが、
下記サイトからはその他花粉の飛散予想もご確認いただけます。

ぜひご参考にされてください。

花粉カレンダー:http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/calendar.html

今後の天候などによって多少予想がずれ込むことはありそうですが、
どの地域もこれから大変な時期を迎える事になりそうですね。

今年の花粉症の症状と対策についてはこちらで詳しく解説しています!!

花粉症の症状毎の対策!2014年の傾向と頭痛、発熱、目のかゆみや咳が止まらない場合の対策をご紹介!!

 

今年の花粉症と闘うには?

 

その年によって時期や飛散量が異なり、
また症状にも変化が見られる花粉症ですが、
今年2014年はどうなるのでしょうか?

実は花粉の飛散量は、前年の飛散量とも関係があり、
飛散量が多かった年の翌年は少なくなるそうです。

そのため今年の飛散量は少ないのではないかと予想されます。

予想される症状としては例年通り、目の痒み、
くしゃみ、鼻水・鼻づまり
等が挙げられ、

すでに薬局ではマスクやメガネ、目薬などといった
花粉症対策グッズが数多く揃っています。

まだ準備がお済みでない方は、ぜひピークを迎える前のお早目に!!

また最近では、花粉症の根治が期待できる治療法として「舌下免疫療法」が発見されました。

スギ花粉抗原エキスを舌の下に入れ、
2分間保持したら飲み込むだけというとてもシンプルな療法ですが、
とても大きな効果が期待されています。

シダトレンや薬についてはコチラ!!

花粉症2014市販ランキング

 

clip_image006

 

今後は一般的な治療法として、色々な病院でも使用されることでしょう。

折角の春を花粉症に台無しにされたくないですよね。

舌下免疫療法はコチラで更に詳しく解説しています!

花粉症最新治療法の舌下減感作療法とは?保険や費用、デメリットもご紹介!

 

お医者さんにもご相談の上、自分に合った花粉症の治療法を見つけ、楽しい春を迎えましょう♪

食事なんかでも対策ができますよ!

花粉症対策・予防に有効な食事・漢方・緑茶・ヨーグルトのおすすめの食べ方!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ