花粉症の市販薬ランキング2015!アレグラほか価格の比較や副作用!

春の訪れと共にやってくるのが、辛い花粉症ですね。

 

clip_image002

 

この時期、家から一歩も出たくない・・・
という方も多いのではないでしょうか?

しかし仕事や学校を休む訳にはいかないので、
薬を飲んで花粉症と戦うしかありません。

そこで今回は、2015年に発売が開始されたオススメの花粉症市販薬の価格や比較
その期待できる効果・副作用についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

2015年期待の新薬はこれだ!!

 

一般的な花粉症の症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒みなどが挙げられますが、
これらの症状は、花粉がヒスタミンという知覚神経を刺激する事によって起こります。

そのため、抗ヒスタミン効果のあるものならば、市販薬でも十分に効果が期待できるのです。

市販薬のおかげで、手軽に効き目のある薬を手に入れられるようなりましたが、その反面市販薬には眠気を伴うなどといった副作用がつきもののようです。

しかし花粉症用の市販薬も日々改良を重ね、毎年新しい薬が発売されています。

その結果、市販薬でも副作用をほとんど感じなくなったのも事実です。

それでは2015年はどんな薬が発売され、人気を集めているのでしょうか?オススメ商品をご紹介します!!

 

(1) アレグラFX(久光製薬)

 

clip_image004

 

28錠 2,000円前後

この薬は、上記でも取り上げた副作用“眠気”を感じる心配が一切ないとして、すでに多くの愛用者がいるようです。

嵐の大野さんが出演されているCMも面白いですよね。

 

 

(2) ストナリZ(サトウ製薬)

 

clip_image006

12錠 1,155円 24錠 1,974円

あらゆる市販薬の中でも、最も花粉症の症状に効果があると高く評価されている薬です。

“眠気”副作用が懸念されますが、この薬は1日1回服用すれば、長時間の効果が期待できるので、夜の就寝前に服用すれば問題ありません。

 

新薬「シダトレン」とは??

 

またみなさんは、「シダトレン」という薬を知っていますか?少し前から話題となっているので、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

この「シダトレン」というのは、「舌下免疫療法」というスギ花粉症の根知治を目指す治療の際に使用される新薬で、
鳥居薬品製造の元、2014年1月17日に厚生労働省よりその使用が認められるようになりました。

使用方法は、舌の裏側に薬液を垂らし、
2分間待ったらそのまま飲み込むというだけなので、
自宅でも簡単に服用できると、今多くの注目を集めています。

このように花粉症に苦しむ人々の為、日々努力がされているのです。

このまま医学の進歩が進めば、花粉症患者が完全にいなくなる日も来るかもしれませんね。

舌下免疫療法はコチラで詳しく解説しています!

花粉症最新治療法の舌下減感作療法とは?保険や費用、デメリットもご紹介!

 

最新目薬をまとめました!!

花粉症2015の市販目薬ランキング!予防に対策メガネとコンタクトも!初期療法とは??

 

食事なんかでも対策ができますよ!

花粉症対策・予防に有効な食事・漢方・緑茶・ヨーグルトのおすすめの食べ方!

 

花粉症について、まとめてあります!

花粉症2014の時期はいつまで?症状と最新治療対策のまとめ

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ