女性の抜け毛は20代から!シャンプーや食事、育毛剤など年代別の対策が必要です!

実は最近抜け毛で悩む女性が増えています。

更年期世代だけでなく、30代、20代、
なんと10代でも抜け毛で悩んでいる人も。

これって病気なんでしょうか??

男性の抜け毛と女性の抜け毛はどう違う?
食事やサプリ、シャンプー、トリートメントなど日常生活で気をつけておきたいこと、

など年代別の対策法を紹介します。

さらに、女性用の育毛剤は必要なのか?

薬、病院での対策など女性の抜け毛対策をまるごと調べました。

clip_image001

 

10代、20代の若い女性も抜け毛で悩んでいる?

スポンサードリンク

女性の薄毛は、更年期に女性ホルモンが減少するのが原因で、
男性化してしまい、男性のような薄毛になる方が多いです。

昔は40代頃から薄毛で悩む人が多かったのですが。

しかし、最近は30代頃から髪の毛の老化による薄毛で悩んでいる人も増えています。

さらに、10代20代でも若年性脱毛症により毛が抜けてしまう人もいるのです。

それぞれの年代によって対処法も変わってきますので、別々に見ていきましょう。

 

40代以降、更年期障害による抜け毛

 

更年期と薄毛にどんな関係があるのでしょうか。

閉経の前後から、女性ホルモンエストロゲンの分泌が減少しはじめます。早い人では35歳くらいから減少し、不調が現れることも。

そしてエストロゲンは閉経後数年たつと完全に分泌されなくなります。

このエストロゲンは、髪の毛の成長と発達に大きく関係しているのです。エストロゲンが減少すると髪の毛が細くなったり、
抜け毛が増えたりして、薄毛になってしまいます。

このような更年期による薄毛、抜け毛には
女性ホルモンと似た働きをするといわれている
大豆、豆腐、味噌などに多く含まれている
イソフラボン」などを多く含む食品を摂取する、
あるいはサプリメントなどで補うという対策が効果的です。

そのほか、運動をしている人は更年期の症状が軽いという傾向があるので、日々運動を心がけることも重要です。

それでも更年期の症状がひどい人は、病院での治療もできますので検討してみてください。

そのほか、シャンプーやトリートメントを薄毛対策用のものに変えるのも効果的です。
男性用のものではなく、女性用のものを選ぶことが重要です。
育毛剤も女性用のものがありますので、併せて使うとさらに効果的です。

 

30代前後から見られる髪の毛の老化による抜け毛

 

clip_image002

 

30代の抜け毛は、髪の毛や頭皮の老化が原因であることが多いです。
お肌もシミやシワなどトラブルを感じ始める時期ですが、
頭皮も顔と同じ皮膚ですので、同じように老化していきます。

頭皮が老化すると元気な髪の毛が育たなくなるのです。

また、ストレスで抜け毛が増えたり、出産後に急に抜け毛が増えることがあります。

この時期の抜け毛ケアは、元気な髪の毛を育む対策をするのが一番です。

元気な髪の毛をつくるには、抜けにくい髪の毛をつくるためにしっかりシャンプーやトリートメントをすること、
そして、雑菌が繁殖しないようにしっかりドライヤーで乾かすことも重要です。

そして、美髪に欠かせないのがたんぱく質ビタミンB群亜鉛などがあります。
過度のダイエットなどで栄養分が不足することも抜け毛の原因になりますので、美髪をつくる栄養素をしっかり摂るように心がけましょう。

 

clip_image003

clip_image004

clip_image005

 

10代20代の若年性脱毛症

 

そして最近では、老化が始まっていない若い世代でも
薄毛、抜け毛で悩む人が増えています。

これを若年性脱毛症と呼びます。

若年性脱毛症は、ストレスや間違ったヘアケアなどの影響により
、髪の毛の生まれ変わりのサイクルが正しく行われていない状態になっています。

30代のケアと同じように、元気な髪の毛を育てるケアをしていくのが効果的です。

食生活の改善、適度な運動、充分な睡眠、ストレスの緩和を心がけましょう。

脱毛が進行している場合は、病院での診察も検討してみることをおすすめします。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ