コサージュの色やつける位置、似合う髪型!卒業式・結婚式・入学式はコレで!

ドレスやスーツを飾るアクセサリーとして人気のコサージュ。

友人や親族として、結婚式にゲストとして参加する際に
気をつけなくてはいけないコサージュ選びのポイントや、
コサージュをつける位置についてお伝えします。

コサージュにはドレスアップだけじゃない意味もあるんですよ。

またこの時期だと卒業式や入学式にもつけられますよね!

また、今年人気のコサージュのデザインや形、
コサージュの似合う髪形も紹介させていただきます。

「コサージュ付ける位置や値段!卒業式や入学式には生花も!」に
関連するまとめ記事を特集しましたのでごらん下さい
コサージュ付ける位置や値段!卒業式や入学式には生花も!

スポンサードリンク

結婚式・卒業式・入学式にふさわしいコサージュとは?

 

結婚式・入学式など慶事の際にコサージュをつけることは
「お慶び申し上げます」という意味がありますので、
新郎新婦に対し礼儀正しいのでおしゃれにコサージュを取り入れるのはとてもよいことです。

たとえば、黒や紺など暗い色のドレスやスーツでも、
色味のあるコサージュをつければ華やかな印象を与えます。

 

clip_image002

 

ただし、結婚式では主役は花嫁さんなので派手過ぎないものを選びましょう。

また、花嫁のウェディングドレスの色である白と、
喪のイメージのある黒の花絶対に避けましょう

ラメなどが入っていても黒い花は避けるのが無難です。

 

今年流行のコサージュとは

 

結婚式用のコサージュとして人気なのはラインストーンや、
パールなどをあしらった華やかなデザインのものです。

ただしキラキラしたものをお昼のパーティにつけるのは
本来NGなので避けたほうが無難です。

2014年の流行カラーはラディアントオーキッド
紫系で光り輝く蘭色なのでコサージュに取り入れてみるのもよいかもしれませんね。

clip_image003

 

コサージュをつける位置のルール

 

コサージュをは本来どこにつけなくてはいけないという位置に関するルールはなく、
他のアクセサリーや洋服のデザインに合わせて好きな場所につけてオシャレを楽しむことができます。

ただし、式典の際など公式な場では胸元につけることが好ましいので親族で出席する場合などは胸元につけるのがよりよいでしょう。

日本では左胸につける方が多いようが、右につけてもかまいません。

結婚式のゲストとして出席するとき、髪の毛にコサージュをつける場合は、派手過ぎないものを選びましょう。

本来、結婚式で花を頭につけるのは花嫁だけと言われていますので、生花はもちろん、プリザーブドフラワーや造花、など生花に見えるものは避けましょう。

 

コサージュの似合う髪形

 

コサージュはどんな髪型でもつけることができますが、
ショートやボブなどアップにできない髪形の人はアクセントになるのでとくにおすすめです。

clip_image005

 

ロングヘアーやセミロングヘアーの人は髪の毛をアップにして、
耳の上やうなじのあまり高くない位置につけると派手すぎず、
コサージュが映えて素敵です。

clip_image007

また、洋装でも和装でもヘアアクセサリーとしてのコサージュは人気があります。

ほか、卒業式などでのコサージュについてはこちらを参照してくださいね!

2014卒園式や卒業式につける手作りコサージュの簡単な作り方を紹介します

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ