手作りコサージュの造花、布、はぎれ、フェルトでの簡単な作り方!男性も卒園式や入学式でつけられます!

 

卒園式や卒業式にいつものスーツじゃつまらないというあなた。
手作りコサージュをプラスして、ワンランクオシャレをアップさせませんか?

コサージュ作りはとても簡単なのでお子様と一緒にも楽しめますよ。

しかも100円ショップに売っているものだけでも作れるので
とてもリーズナブル!

 

造花を使った簡単コサージュや
レースやリボンや自宅にあった布・はぎれ・フェルトで花をつくる
布製コサージュなどの作り方を紹介します。

男性の方向けのコサージュについても紹介します!

 

clip_image002

 

造花を使ってコサージュを作るには?

 

clip_image003

好きな花や使いたい花がある人は、造花を使ったコサージュがおすすめです。

スーツに合わせたお花を選んでくださいね。

造花を使ったコサージュの作り方はとても簡単です。

材料は好きな造花、コサージュ台だけでもできますが、リボン、レース、ビーズなどの飾りをつけるとさらに素敵ですよ。

コサージュ台は100円ショップの手芸売り場に
2個で100円程度で売っています。
(とくにセリアには手作り応援商品が多いのでおすすめです)

スポンサードリンク

買うと結構高くつくコサージュですが、手作りなら1個辺りは100円しないで完成します。

道具ははさみとボンドを用意してください。

まずは造花を茎の付け根から切ります。

そして、コサージュ台に載せ、リボンなどの飾りとのバランスを調整して配置が決まったらボンドで止めるだけです。

卒業式や入学式に使用するには少し華やかなレースなどで飾り付けるとよいかもしれませんね。

動画でも造花を使ったコサージュの作り方が紹介されていますので参考にしてみてください。

 

布を使ってコサージュを作るには?

 

造花のほかに、家にあるハギレやフェルト、レースなどを使ってコサージュを作ることもできます。

花から自分で作るのでよりオリジナリティのあるコサージュができます。

リネンやレースなど薄手の生地を使うと重ねやすいです。

薄手の場合は、土台のない安全ピンでもOKですが、
フェルトのように厚手の布を使う場合は、
しっかり土台のついたコサージュ台を使用したほうがきれいに仕上がります。

clip_image004

レースやビーズなどを組み合わせると、
布でも充分豪華に見えて、卒業式や入学式にもぴったりです

布を使ったコサージュづくりの基本は、好きな布を花の形に切って重ね合わせていきます。

布はくしゃくしゃに加工したり、1色でつくったり2~3色組み合わせたりさまざまなコサージュが作れます。

家にあるハギレを使用すればさらに費用もおさえられますね。

お子様と一緒に布を選んだり、大きさや色のバランスを少し変えておそろいにしても可愛いですね。

こちらは布に切れ込みを入れるだけなのに
簡単に花の形のように見えるコサージュの作り方を紹介しています。

 

リボンを使ったこんなコサージュも!職人技ですね。

 

ママのファッションはコチラ!!

小学校入学式ママのファッションは?芸能人はこんな感じでした2015

 

男性もコサージュでドレスアップ

 

男性用のコサージュは、種類も少なく、
購入しようとしても花婿さん用のブートニアばかりでてきてしまいなかなか手に入りません。

ですが、手作りでアイテムを工夫すれば男性でも使えるコサージュができますよ。

clip_image006

たとえばこのようにベースの色を落ち着いた色にします。

柄も、和柄など落ち着いた色を使用すると
男性でもおしゃれに使えますよ。

いかがでしたでしょうか?

ここで取り上げたコサージュ作り、ぜひ参考にして卒業式に彩を添えてみてください。

結婚式のコサージュについてはこちらが参考になりますよ

結婚式用の2014流行のコサージュ!似合う髪型や色や位置はコレ!!

「コサージュ付ける位置や値段!卒業式や入学式には生花も!」に
関連するまとめ記事を特集しましたのでごらん下さい
コサージュ付ける位置や値段!卒業式や入学式には生花も!

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ