結婚に必要な夫の理想の年収は?専業主婦ならば最低400万が最低条件?気になる平均も!

 

女性は結婚相手の条件として

年収がこのくらい」と言ったものを挙げます。

女性の中では
どのくらいの年収が理想なのでしょうか?

clip_image002

今回のテーマは、

「結婚に必要な夫の理想の年収は?専業主婦ならば最低400万?気になる平均も!」

女性と結婚のお話をすると
「相手の年収」といったお金の話が
沢山出てきたりしますよね。

女性は結婚する際、
専業主婦になる事を視野に入れる方が
多くいるみたいです。

結婚に限らず、
出産をすれば専業主婦を考える方もいますし

実際に専業主婦になる方もいます。

スポンサードリンク

私の母は、
結婚と同時に仕事を辞めて専業主婦になりましたが、

私が中学生になったのと同時に、
また職場に復帰しました。

このように、
結婚してからずっと専業主婦というわけではなく

子育てがある程度落ち着いたら
また職場に復帰するという方も

少なくありません。

自分は子育てを頑張るし家庭も守るから頑張って稼いできて欲しい
何ともストレートな意見ですね。

でも私の母もこんな事を言っていたような気が・・・(笑)

「頑張って稼いできて欲しい」と言いますが、
具体的にどのくらいの年収を理想としているのでしょう。

clip_image003

 

ズバリ理想の年収は??

 

ずばり、「500万円~」が理想だそうです。

これは一般企業なら
係長以上の役職に就いていないと

貰えないのではないかと考えられる年収です。

ただし、これはあくまでも理想です。

現実的に結婚相手に求める年収の最低条件は
300万円~」だそうです。

300万円あれば必要最低限の生活は出来る、
とのことです。

生活水準をどのように設定するのがポイントですね。

 

clip_image004

 

現実の適齢期男性の年収は??

 

では、結婚適齢期の男性の平均収入はどのくらいでしょうか?

20代~30代男性の平均年収は
400万~499万円」だそうです。

となりますと、
年収300万円はギリギリ結婚出来るかな
という範囲になってくると思います。

 

clip_image006

 

「専業主婦になりたい」
という女性の意見を覗いてみると

「自分の時間をゆっくりと取りたい」
というような意見が多く見受けられました。

確かに、テレビやニュースの特集なんかを見てみると

「ママ友との食事会」だったり「大人の女子会」などで
ランチにお出かけする奥さんが居たりしますね。

しかし、実際に専業主婦で生活できるのかと調べてみると

「我が家は共働きです」

「専業主婦になりたいけどパートに出ています」

というような意見がありました。

確かに私の母も、結婚して職場を一旦辞めましたが
私が小学校ぐらいの時、パートで働いていた時期がありました。

友人の母も専業主婦を希望していたそうですが、
やはり現実的には厳しいのでパートに出ていると話を聞きました。

このように、専業主婦になりたいと思っていても
実際にはパートやアルバイトに出て行ったり

共働きの家庭が多いようです。

 

clip_image008

 

保険や年金は??

 

結婚して保険なども考える方が多いと思いますが、

結婚して専業主婦になり、
夫の扶養で生活していくとなると

有利になることがあるのでしょうか?

実はこれは妻の収入が大きなラインとなるそうです。

「アルバイトやパートの収入を抑えた方が良い」という話を

一度は耳にしたことありませんか?

実はこれ、
配偶者の税金を控除する基準の額があるそうです。

この配偶者控除によって年間の税金が
なんと約4万円も安くなるケースもあるのだとか。

また、会社によっては「配偶者手当」や
家族手当」なんかを出してくれるところもあるそうですよ。

専業主婦や所得が低いと
こうした有利な部分があるみたいですね。

 

clip_image009

 

結婚のメリットとは?

 

結婚をする事によって「共同生活」
というものが本格化してきますが、

「共同生活」のメリットって一体、
どういうものなのでしょうか?

これは専業主婦、
ではなくお互い共働きというもので考えてみましょう。

このようなメリットがあるそうです。

「安心感を得られる」

「夫が働いて自分も働けば収入が2倍になる」

安心感が得られるというのは何となく分かりますが
収入が2倍になるというのは現実的ですね。

更には社会的信用も高まります。

どういうことかというと、結婚しているだけで
仮に専業主婦で働いていなくても、
夫の社会的信用が使えるからです。

クレジットカードを作る時や、
住宅ローンをはじめとした各種ローン

不動産投資する時等もそうですが
金融機関の信用が違います。

さあ、ここまで結婚とお金の話はいかがでしたでしょうか?

良い生活がしたいというのは皆さんが思っている事です。

生活水準をどこに設定するかによって
男性にどのくらいの年収を求めるのか違ってきますね。

また、専業主婦になることで得する場面もあったりするので
結婚する前にお互いにそのような話をすると良いですね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ