近視治療オルソケラトラジーとは?費用やデメリット、乱視にも効果あり?

手術なしで視力回復オルソケラトラジー

視力を回復する方法として
手術をする以外に
オルソケラトラジーがあります。

「オルソケラトラジー?なにそれ?」

と思った方も多いでしょう。

今回はそんな
オルソケラトラジーについて
調べてみました。

スポンサードリンク

〇オルソケラトラジーとは

 

clip_image002

 

オルソケラトラジーとは
専用のハードコンタクトレンズを着用して
角膜を変形させることで
視力を矯正する方法です。

夜寝ている間に
専用のコンタクトレンズを着用
視力を矯正するので

昼間は裸眼で生活することができます。

 

clip_image004

 

オルソケラトラジーは
1晩で効果を発揮し

続けていると

どんどん視力が良くなるそうです。

専用のコンタクトレンズは
酸素を良く通すものなので
就寝時に着用していても問題はないのだとか。

ただしこれは

一時的に視力を矯正しているだけで
持続時間は個人差がありますが
8時間~36時間程度と言われています。

そのため

毎日夜寝るときに
専用のコンタクトレンズを着用する必要があります。

使用をやめると
角膜の形状は2~3日かけて
少しずつもとに戻っていき

最終的に1ヶ月程度で
もとの角膜のカーブに戻るそうです。

 

〇オルソケラトラジーのメリット

 

最大のメリットは
手術をしなくても

視力の矯正ができることです。

また専用コンタクトレンズの着用は就寝時なので
日中は裸眼で快適に
生活することができます。

またテスト期間で視力が回復するかどうか
確かめることができるので

レーシック手術のように
高いお金を払ったのに
視力が回復しないというリスクを
避けることもできます。

また近視の抑制の効果もあると
言われています。

 

〇オルソケラトラジーのデメリット

 

考えられるデメリットはいくつかあります。

・視力の質と1日のうちでの変動

視力の質(見え方)は
通常のコンタクトレンズやメガネより
劣るそうです。

また始めたばかりの頃に多いのですが
夜になると視力が低下して
ぼやけてくることもあるようです。

・角膜障害

酸素が良くとおるコンタクトレンズとは言え
やはり夜間のコンタクトレンズの着用は
リスクが0とはいかないため
角膜障害になる可能性があります。

・矯正できる度数に制限がある

矯正できるのは
個人差もありますが

近視ならだいたいメガネの度数で4D(ジオプター)までで
それ以上の近視の場合
視力の変動が大きかったりと

問題が多いようです。

また近視と遠視の同時の矯正は
できません。

乱視の矯正も可能ですが
乱視の程度と種類で効果が変わってくるようです。

・定期的な検査が必要

コンタクトレンズを使用した矯正方法なので
角膜障害の予防や

視力補正効果を良好に保つため
定期的な検査が必要となります。

興味のある方は
まずは眼科で相談してみることを
おすすめします。

ただし

費用は検査代、レンズ代(片目で3万円位)
、ケア代などで平均20万~35万ほどするようなので

きちんと調べた上で受診した方が
いいかもしれません。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ