筋肉が痙攣する原因は?なぜ太ももや足が多いのか?筋トレの場合の痙攣

筋肉が痙攣する原因は?その予防法は?

突然起こる筋肉の痙攣
いったいなぜ起こるのでしょうか?

痛みを伴うときもありますから
予防できるなら
予防したいですよね。

また痙攣が起きたとき
どのように対処するのが
正しいのでしょうか?

今回は痙攣について
見ていきたいと思います。

clip_image002

スポンサードリンク

 痙攣ってなに?

 

そもそも痙攣ってなんなのでしょう?

痙攣とは
自分の意識とは関係なく起こる
筋肉の収縮のことです。

 

痛みを伴わない痙攣

 

痙攣の中には
痛みを伴わない短時間で終わる痙攣があります。

例えば背中や足、腕やまぶたが
ピクピクする場合です。

一時的なものの場合
ほとんど気にしなくてもいいようです。

原因として考えられるのは
ストレスや疲労の蓄積です。

十分な休養と睡眠をとることで
改善されるでしょう。

 

痛みを伴う痙攣

 

痙攣の中には
痛みを伴うものもあります。

多くの人が経験するのが
俗にいう「こむらがえり」でしょう。

筋肉疲労、睡眠不足、
ミネラルのアンバランスなどが
原因として考えられます。

 

筋トレをしているときの痙攣

 

clip_image004

筋トレをしているときに
足がつるなどの痙攣が起こりやすいのは

筋肉に疲労が溜まっているのと
水分のミネラルの不足が原因となる場合が多いです。

しっかりと準備運動をして
筋肉をほぐすことと

ミネラルを含むものを
摂取すること

きちんと水分補給をすることで
予防することができるでしょう。

 

寝ているときに起こる痙攣

 

clip_image006

就寝時、とくに明け方に
足がつるなどの痙攣が起きることがあります。

就寝中に足が冷えたり
布団の重みで膝が伸び、
足が下向きになることで

ふくらはぎの筋肉が緊張するため起こります。

予防法としては
足が冷えないように
寝る前にお風呂に入って足を温め
ふくらはぎのマッサージなどをすることと

クッションやバスタオルを巻いたものを
ひざの下に入れておくことがあげられるでしょう。

 

痙攣したときの対処法

 

痙攣をしたときは
痙攣したところをさすったり
ゆっくりストレッチすることで
痛みを和らげることができます。

 

子どもは痙攣を起こしやすい

 

clip_image008

小さな子どもは痙攣を起こしやすいです。

高熱が出たときに
痙攣を起こすこともあります。

多くの場合は4~5歳を過ぎると
起こらなくなります。

また成長期の子どもも
貧血によって痙攣が起こることが
よくあります。

とくに激しい運動をしている場合
赤血球が破壊され、
鉄分不足から貧血になりやすいので

注意が必要です。

 

病気のサインの可能性も

 

あまりにも頻繁に痙攣が起こる場合や
痙攣の程度がひどい場合
病気のサインの可能性があります。

心配な場合は
医師に診察してもらいましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ