札幌雪まつりの服装は?靴や子供の服装は?

冬のお楽しみのひとつ、雪まつり。
行こうかなと思っている人も多いのでは?

ただ気になるのが寒さ…。

せっかく雪まつりに行っても、寒くて楽しめなかったら残念ですよね。

今回は雪まつりでのおすすめの服装をご紹介します。

雪祭服装イメージ

スポンサードリンク

◎そもそもどのくらい寒いの?

雪まつりが開催される場所がとても寒いのは予想できますが、
実際どのくらい寒いのでしょう?

雪まつりで有名な札幌を例にあげましょう。

雪祭り イメージ

さっぽろ雪まつりが開催されるのは、1年の中で最も寒い2月。
最低気温がマイナスは当たり前
最高気温もかろうじてプラスになるくらいで、
平成25年2月の日中平均気温は-3.1℃だったそうです。

寒さに慣れていない人にとっては、かなり厳しい寒さです。

しっかりと防寒しないと、雪まつりから途中リタイアとなってしまいかねません…。

◎どんな服装で行けばいいの?

長時間歩くことを考えると、いくら寒いと言っても
あまり重たいコートなどを着て行くと動きづらなってしまいます。

雪祭りコート

上着は軽い素材のダウンジャケットがおすすめです。

お尻まですっぽり隠れるくらい長いと、さらに良いでしょう。
そしてインナーは発熱性のあるものを着て行きましょう。

また厳しい寒さの中、頭や耳を出していると
寒いのを通り越して痛くなってしまうかもしれません。
帽子と耳あては必ずしていきましょう。

雪祭り帽子

もちろんマフラーと手袋も必須ですよ。

長時間歩くことを考えると、足元の冷え対策も重要です。
ブーツに入れられるスキニーパンツが温かくて汚れないのでおすすめです。

パンツの下に保温効果のある厚手のタイツや靴下を履いていくと良いでしょう。
靴用のカイロがあれば、さらに暖かいです。

◎靴はどうすればいいの?

雪まつりに観光に行く場合、路面が凍結していたり、
たくさんの人が歩いていて溶けた雪で面がべちゃべちゃなっていたりします。

防水性があり、すべり止めがついたものが良いでしょう。

雪祭り靴

1番良いのはスノーブーツ

とは言え、おそらく持っていない人が多いでしょうし、
わざわざ買うのももったいないですよね。

その場合レインブーツか、普通のブーツなどに防水スプレーをすれば良いでしょう。

路面が凍結していて転倒の危険があるので、すべり止めは必須です。

JRや地下鉄の駅の売店で売っているので、必ず購入しましょう。

種類がありすぎてわからなければ、店員さんに「すべり止めをください
と言って靴を見せれば、おそらくわかってくれるでしょう。

子供の服装は??

子供さんがいらっしゃる方はぜひ子供用スノーウェアがお勧めです。

札幌雪まつりでは雪像に触れたり、滑り台で滑ったりするので、
風邪をひいてしまってはしまっては大変です。

ワンピースタイプやセパレートタイプなど種類も豊富ですので、
子供の身長や体型よりも少し大きめの服装を選びましょう。

子供は汗かきですので、毛糸の帽子や手袋、マフラー、
スノーブーツも必需品です。

スノーウェア

*その他持って行くと便利なもの

ティッシュペーパー

寒い中歩いていると鼻水が出る可能性があるので、持って行くと便利です。

使い捨てカイロ

アウターのポケットに入れておけば、気軽に暖がとれて便利です。

JRや地下鉄の売店、ドラックストアなどで売っています。
さっぽろ雪まつりだと室内はかなり暖かいので、脱ぎ着しやすい服装だとさらに良いです。

しっかり防寒対策をして、雪まつりを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ