初詣にいくならどっち?お寺と神社の違いと参拝の方法は?

新年になると当たり前のように行っている初詣ですが、

しかしよくよく考えてみると、初詣とはどのようなものなのでしょう??

またそもそも、

お寺と神社のどっちに行けばいいのかわからない方も多いのではないしょうか?

初詣イメージ

今回は

初詣の目的や、作法、お寺と神社のそれぞれの参拝の方法の違いなど、

の疑問にお答えしていきます。

スポンサードリンク

〇初詣の目的

初詣とは「新年に初めて社寺へお参りすること」です。

昔から日本人は頻繁にお参りをしていました。

しかし新年のお参りは「神様に昨年のお礼を述べ、今年の豊作や1年の幸せをお祈りする」重要なお参りでした。

その名残が「初詣」として現在にも残っているのです。

初詣イメージ2

 

 

〇お寺と神社の違い

では初詣はお寺と神社のどちらに行くのが正しいのでしょうか?

結論から先に述べると、どちらでもかまいません。

神社やお寺が区別されるようになったのは明治以降なので、宗教上の理由がない限り、どちらに行っても問題はありません。

神道を信仰しているなら神社へ、仏教を信仰しているならお寺へ行くのがいいでしょう。

ただしどちらに行くにしても、初詣の目的は「昨年の感謝」と「今年の祈願」なので、感謝の心を忘れないようにしましょう。

感謝

またお寺と神社で作法が異なるので、気を付けてください。

 

〇参拝の仕方は違うの?

お寺と神社で参拝の仕方が違います。

一礼 イメージ

 

・お寺の参拝

1.軽く頭を下げて、鐘があれば鐘をつき、賽銭を入れる。

2.合掌をし、感謝と祈願をする。このとき拍手は打たない。

3.軽く頭を下げる。

 

・神社の参拝

1.軽く頭を下げ、鐘を2、3回鳴らしてから、賽銭を入れる。

2.深く2回おじぎをする。このとき腰を90度に折る。(二礼)

3.拍手を2回打つ。(二拍手)

4.合掌して感謝と祈願。

5.深くおじぎをする。このときも腰は90度に。(一礼)

※出雲大社の場合、「二礼四拍手一礼」

reigi1 reigi1

 

 

〇お賽銭

お賽銭はいくら入れてもかまいません。5円だと「ご縁がある」、45円円だと「始終ご縁がある」と言われているので、縁起は良いでしょう。

逆に10円は「遠縁になる」と言われ、避けた方が良いかもしれません。

とは言え、やはりお賽銭は金額ではなく気持ちです。

 

〇手水

手水の作法はお寺も神社も同じです。

1.右手にひしゃくを持ち、水を汲んで、左手を清める。

2.ひしゃくを持ち替えて、水を汲み、右手も清める。

3.ひしゃくを持ち替えて右手に持ち、水を汲み、左の手のひらに水を受け、口を清める。

※このときひしゃくを口につけないこと

4.もう一度左手を清める。

5.ひしゃくを立てて、柄の部分に水を流し、もとのところに戻す。

temizu

 

〇その他

・鳥居

くぐる前におじぎをし、端に寄って歩きます。真ん中は神様の通り道なので、通ってはいけません。

・お守り、お札

1年間の厄などを背負ってくれたお礼や報告という意味で、授かった社寺に返納すると良いでしょう。

愛着のあるものは、大切に持ち続けていれば罰が当たることもないので、無理に返さなくてもかまいません。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ