初詣は着物で!東京でレンタルできる店もご紹介

近年着物で初詣に行く方、増えていますよね。

「自分も着物で初詣に行きたい!」「だけどどのような着物で行けばいいかわからない??」

と言う方も多いのではないでしょうか。

ここでは初詣におすすめの着物と東京の着物のレンタル店をご紹介します!

2014年の初詣は着物で行ってみてはいかがでしょうか。

着物イメージ

スポンサードリンク

◎そもそも着物の種類って?

ざっくりとカジュアルなものとフォーマルなものを分けるとこのようになります。

・カジュアル…小紋、紬

・フォーマル…振袖、訪問着

さらにそれぞれを簡単に説明すると

・小紋

布を染めて柄をつけており、上下方向関係なく柄が入っている。やわらかく着やすい。柄

や素材によっては、ドレスのような扱いで着ることもできる。

着物1

・紬

糸の段階で染められ、それから織られている。着物の中で1番カジュアルなもの。

kimono2

・振袖

未婚女性の第一礼装。洋服で言うとドレスのようなもの。

kimono3

・訪問着

準礼装の扱い。未婚・既婚関係なく着ることができ、社交的な場に適している。

kimono 4

◎どんな着物を着て行けばいいの?

初詣にどんな着物を着て行くべきという決まりはありません。振袖、訪問着、小紋、紬など自分の好きなものを着て行ってかまいません。

とは言え、初詣では人が多く混雑しており、動きにくい振袖や訪問着のようなフォーマルなものはあまり向いていません。生地が傷み、汚れてしまっては、高価な着物がかわいそうです。

そこでおすすめしたいのが小紋です。

小紋は素材がさまざまで、綿やウール素材のものならばジーンズにトレーナーのような普段着の扱いとなるので、初詣にも気軽に着て行くことができます。

また髪型やメイクをバッチリしなくても、十分にかわいく見えます。

帯との組み合わせを考えてみたり、帯飾りでアレンジしたり、気軽にコーディネートも楽しめそうです。

◎防寒対策

着物だけで初詣に行くと確実に寒いので、ストールやマフラー、手袋などで防寒対策はしっかりとしていきましょう。

着物用のコートや羽織を着て行くと、和の雰囲気が楽しめます。

ふくらはぎ丈の足袋ソックスもあるようです。

◎着物レンタル店@東京

着物で初詣に行きたいけど、着物持っていない…という方のために、着物レンタル店をご紹介します。

・えどこまち

価格  :3,150円~(4時間、着付け代込み)

住所  :東京都台東区浅草4-1-11 A・Kビル2階

連絡先 :0362406654

HP   :http://浅草着物レンタル.com/

・あそびき屋

価格  :7,000円~(2泊3日、1日目のみ着付け代込み)

住所  :東京都港区六本木3-4-2コープ野村1-308

連絡先 :0335862258

HP   :http://www.asobigiya.jp/

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ