九州のおすすめの観光スポットをご紹介 

食に温泉、観光と三拍子揃った九州。
年末年始をゆっくり過ごすならおすすめのエリアです。
とはいえ、広くて、一体どこを選べば良いのか、迷ってしまうのは確かです。
先ずは長崎を中心にしたコースをご紹介しましょう。

スポンサードリンク

ハウステンボス→島原半島(温泉) コース

ハウステンボスと言えば、世界一に輝いた光の王国。
huistenbosch
そこで見られる一千万球にも及ぶイルミネーションを見ない手はありません。
出来れば二泊位の予定を組んで、このコースを楽しんでみましょう。
勿論一泊の予定でも大丈夫ですよ。
236x362_01
素晴らしいのひとこと。
雲仙は標高700メートル程に位置するので、

古くから避暑地として有名であったそうですが、
冬の雲仙もまた、日本最古の国立公園として、
その魅力をいかんなく発揮するのはいうまでもありません。
3雲仙~1

こちらでは、ふぐのことをがんばと呼ぶそうです。
江戸時代に島原藩主が、ふぐを食べることをこれ禁ずるというお触れを出したにも関わらず、
美味しさのあまり食べる人は後を絶たず…そんなことがきっかけで生まれた、
ふぐ=がんばという言葉だそうです。

宿には事欠きません。温泉に食を楽しめる、旅館、ホテルが沢山あります。
さて、昼間でも夜間でも、見る、遊ぶ、体験を大いに楽しめるハウステンボス。
ここで泊まるのも良いと思いますが、この年末年始は島原を拠点にしたプランにしてみました。
時間に余裕があれば、長崎市を観光するのを取り入れて見ましょう。

 

別府 湯布院→熊本(熊本城) コース

お次は有名な湯布院、温泉を起点にしている所は、温泉大国とも呼ばれる九州ならではといえましょう。
湯布院は由布院とも書かれますが、ここでは湯布院と統一します。
温泉で日ごろの疲れを癒して吹き飛ばし、さて、ちょっと観光でも。
そんな貴方にぴったりの物づくり体験コースをご案内します。
民芸村でハンカチやシャツを藍染にしたり、箸を作ってみたり、陶工房で陶芸を楽しんだり、ステンドグラス美術館で鏡やフォトフレームを作ったり。
旅のいい思い出になりそうです。
IMG_0926

それから、辻馬車も初めて、という方が多いのではないでしょうか。
三が日を除いて、観光辻馬車も運行しています。これもまた貴重な体験になりますね。
さて、泊まる場所が決まったら、せっかくの九州旅行、少し足を延ばしての観光もいいでしょう。
湯布院を起点すると、熊本は案外交通の便も良いようです。

阿蘇を西に進んで、レンタカーなどで、熊本城を訪れてはいかがでしょう。
こちらは江戸初期にかけて、加藤清正が今のような城にした、
というのは有名な話ですが、やはり、見るべき名所だと思います。

 

熊本城
熊本城です。一度は行ってみたいお城の一つですね。
じっくり熊本城を見学した後は、九州新幹線に乗る、なんていうのも楽しいですね。

 

鹿児島市観光(島津家)→霧島周辺(温泉)

最後に、鹿児島市観光(島津家)→霧島周辺(温泉)で九州の旅を締めくくりたいと思います。
島津家別邸、名勝 仙厳園は、江戸初期に、島津光久(19代当主)によって築庭されたものです。
二月から四月の上旬までは桜の名所でもありますが、
ここを訪れて、歴史を感じるのも、鹿児島市観光するのには良いのでは。
こちらは歴史的な名所、満載の地でもあります。

日本一の巨樹である、蒲生の大クスを始め、西郷隆盛縁の西郷公園など、あちこちを訪ねて見ましょう。
クス

雄大な蒲生の大クス。
日本一の大きさを誇る、西郷隆盛像のある、西郷公園。
tsukiyomi10-thumb-autox270-1539

桜島には、桜島神社があります。

フェリーに乗るコースなら、鹿児島空港からは高速で45分程。
旅の里 火山展望台裏手からは昭和火口も目の前、
そしてお土産物屋さんでもあるこの展望台には、さまざまな商品とともに、噴石も沢山並んでいます。

ちょっとしたミニ博物館のよう。
では、その桜島を見ることが出来る霧島を目指しましょう。

ここでのお奨めはやはり温泉。温泉宿、ホテル、民宿など、
日帰り入浴も入れると全70件もの温泉関連の施設があるほど。
霧島連山と桜島を眺めての入浴は格別であります。

霧島へのアクセスは、市内の鹿児島空港から車で30分程度。
なにしろ、鹿児島市内で270もの源泉を有する、という、
日本の県庁所在地としてはこれまた日本一の数を誇るのですから、
鹿児島市に来て、温泉に入らないという手はありません。

入るだけでなく、飲む温泉もあり、健康にとことん良い、そんな温泉地でもあります。
食も大いに楽しみましょう。薩摩焼酎、桜島大根、さつま揚げ…

ここならではの名産品もあげたらきりがありませんね。
sakurajimadaikon

桜島大根。日本一。
やはり「大きい」のひとこと。
歴史、温泉、食、自然。何もかもが、旅の醍醐味となりそうです。
広い九州を早足で駆け抜けるようにご案内してまいりました。

楽しい年末年始のお役に立てばと思います。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ