フィギュアスケートのジャンプの種類ってどんなのがあるの?

「アクセルやループって言うけど…どう違うの?」

フィギュアスケートを見ていてきっと誰もが思うのではないでしょうか。

ここではそんなジャンプの見分け方をご紹介します‼

ぜひ違いを見分けて、さらにフィギュアスケートの観戦を楽しんでください。

フィギュアスケートのジャンプは6種類あり、難易度の高いものから、アクセル、ルッツ、フリップ、ループ、サルコウ、トゥループとなります。

スポンサードリンク

【アクセル】

浅田真央選手が得意とするジャンプとして有名なこのジャンプ。

難易度は高いですが、見分けるのは1番簡単です。

なぜなら前向きのまま踏み切ってジャンプするのはアクセルだけだからです。

着氷は後ろ向きなので、回転数に半回転プラスされます。

たった半回転増えるだけでそんなに難しくなるものかと思うかもしれませんが、ジャンプの際の滞空時間は1秒もないので、その中で回転数を増やすのはとても難しいのです。

女子選手でトリプルアクセルを成功させたのは過去数名しかいません。

【ルッツ】

左足の外側のエッジに体重を乗せ、右足のトゥをついて跳ぶジャンプです。

外側のエッジというのが重要で、内側のエッジに体重を乗せると減点対象となります。

滑走で描いてきた軌跡と逆の回転で跳ぶため、難しいとされています。

【フリップ】

ルッツと非常に似ています。

こちらは左足のエッジの内側に体重を乗せ、右足のトゥをついて跳びます。

ルッツと見分けるのはかなり難しいですが、助走をよく見て見分けることが可能です。

ルッツは後ろ向きに滑走してきてジャンプしますが、フリップは前向きで滑ってきて跳ぶ直前に後ろを向いてジャンプします。

【ループ】

跳ぶ直前に脚をクロスさせるようにし、またイスに腰掛けたような姿勢になるのが特徴です。

このジャンプは右脚で踏み切り、トゥを使わずに跳びます。

比較的難易度が低いこともあり、コンビネーションジャンプの2番目によく選ばれます。

【サルコウ】

安藤美姫選手が成功させた4回転ジャンプがこのサルコウです。

1番の特徴は跳ぶ瞬間に両脚がハの字になります。

進行方向と回転方向が同じなので簡単なジャンプであり、2回転までならトゥループと点差はありません。

3回転以上になると、トゥを使わずに跳ぶ分筋力が必要になるのでトゥループより難しいとされます。

 【トゥループ】

1番基本となるジャンプです。

滑ってきた流れに乗り、左脚のトゥをついて跳びます。

ルッツやループとよく似て見えるかもしれませんが、ルッツやループが右脚のトゥを使って跳ぶのに対し、トゥループは左脚のトゥを使って跳ぶので、慣れれば見分けるのは容易でしょう。

男子選手の4回転ジャンプで最もよく跳ばれるジャンプであり、コンビネーションジャンプの2回目としてもよく使われます。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ