喪中の際の年賀状のマナー!喪中の期間は?範囲はどこまで?寒中見舞いとは?

家族や親戚が亡くなった年は喪中になるのはみなさんもご存知だとは思います。

けれど、喪中の場合に年賀状などはどうしたらいいのかと聞かれるとあまりよく知らないと言う方も多いのでは??マナーについては事前によく調べておきたいですよね。

喪中の場合は年賀状の扱い方も変わってきますが、そうそう頻繁にある事ではないのであまりよく分からないと言う方もいるのではないでしょうか。

こちらでは喪中の場合の年賀状の書き方などについて説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

1 喪中の範囲と期間

喪中と言われる期間は亡くなった方によって異なります。

その期間も地域や宗派や各家庭などでも違うそうです。

喪中の範囲も最近では親族だと祖父母までが一般的に該当するのだと認識されているようで、祖祖父母・叔父叔母・伯父伯母については喪中としなくても問題はないようです。

【一般的な喪中の範囲と期間】

父母・義父母…12ヶ月~13ヶ月

兄弟・姉妹…30日~3ヶ月

子供…3ヶ月~6ヶ月

祖父母…3ヶ月~6ヶ月

喪中の時期中は結婚式への参加や初詣なども控える事になります。

2 喪中の際の年賀状やお知らせ

喪中である場合は年賀状を出す事は出来なくなりますが、

代わりに「年賀欠礼状」と言うものを書いて知人などに出す事になります。

これは年始の挨拶が出来ないのを詫びる意味で出すものです。

喪中の期間中に年を越す場合は11月から12月初旬までに
年賀欠礼状を書いて出す
事になっているので、
それにより送った相手に

「今年はこの人は喪中なので年賀状を送るのは控えるべきだな」と知らせる事が出来ます。

年賀状に喪中である事を書いて送れば良いのではと思っている方もたまにいるようですが、
あくまでも年賀状と年賀欠礼状は別物になるので注意です。

年賀欠礼状を送る範囲としては故人と関係が深かった方には勿論ですが、喪中である事を既に知っている身内などには改めて送る必要はありません。

3 喪中なのに年賀状を受け取ってしまった場合など

喪中であるにも関わらず年賀状を受け取ってしまった事がある方もいるとは思いますが、
喪中だからと言って年賀状を受け取るのが絶対にいけないわけではありません。

ただ、年賀状での返事をする事は出来ませんので、
松の内(1月7日)が明けてから「寒中見舞い」を相手に送りましょう。

その際に年賀状を頂いたお礼と喪中であった為に年賀状での挨拶は控えた旨などを書きます。

寒中見舞いの書き方についてはコチラ

また、喪中である相手に年賀状を間違って送ってしまった場合は、こちらも1月7日が明けてから「詫び状」や「お悔やみ」を出すと良いでしょう。

文面としては「先日はご服喪中とは存じ上げておらず賀状をお送り致しまして、誠に失礼致しました。ご冥福をお祈り申し上げると共に深くお詫び申し上げます」のように、送ってしまった事を謝ると共に亡くなった方のご冥福をお祈りする内容にしましょう。

また「お悔やみ」の場合は末尾文に「合掌」をつけるのを忘れずに

昨今では喪中であっても年賀状を受け取りたいと言う方も増えていたりと、少しずつ送る側と受け取る側の考え方も変わってきているようです。

けれど基本的なマナーは最低でも押さえておかないといけない事なので、分からない事があった場合は失礼の無いように事前に調べておくのが一番良いでしょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ