年賀状ソフトの簡単比較!フリーでダウンロードできるソフトもご紹介

年賀状を作成するにあたり最近ではソフトを使う人も多くなったようですね。

ネットで検索するだけでも沢山の年賀状ソフトが出てきますが、
一体どれがいいのかよく分からないと言う方も多いと思います。

確かに色々なソフトがあっても何が特徴なのか等を知らないと選びようがないですよね。

こちらでは2014年の年賀状作成に使える
いくつかの定番ソフトの内容について詳しく書いてゆこうと思います。

それぞれのソフトごとに価格・特色・口コミ等のポイントも書くので参考にしてみて下さい。(有料ソフトは全て2013年9月発売のものです)

スポンサードリンク

~有料版 年賀状ソフト~

【筆まめVer.24 通常版】

筆まめ

・価格 約4.400円~

・綺麗な仕上がりで評判。自分の気に入っている写真を使ってオリジナルの年賀状を作ったりするのも、指定した部分だけ切り取って貼り付けたり簡単に出来ます。

・口コミでは宛名レイアウトを書道家が監修しているのが評価されている部分のようです。

【筆王Ver.18】

筆王

・価格 約2.900円~

・初心者でも使いやすい事で評判。取り込んだ写真のレイアウトに迷ったらソフトが自動で見やすくレイアウトをしてくれる便利な機能もついています。

・口コミではよくある質問のムービーをすぐに確認出来るのが良いという意見も。

【筆ぐるめ 21】

筆ぐるめ

・価格 約3.400円~

・シンプルな操作性で評判。操作手順が書いてある冊子通りに並んでいるボタンを順番に押すだけで自作の年賀状が完成します。

・口コミではクリスマスや暑中見舞いにも使えるイラストが入っているのも評価されていました。

~無料版 年賀状ソフト~

【はがきデザインキット】

・上記の郵便局公式サイトから無料でダウンロード出来るソフトになります。デザインの豊富さはもとより、無料にも関わらず写真取り込みが出来たり宛名作成まで出来たりと機能が多く評判が良いです。

・口コミでは有料ソフトと劣らない部分が高く評価されていますが、やはりシェアが多いのでデザインが他の人と被ってしまう事があるようで少し注意が必要かもしれないです。

【プリントマジック】

・上記のサイトから無料でダウンロード出来るソフトになります。

年賀状だけでなく他のハガキにも使える定型文がジャンルごとに分けてあったりと便利です。

またマウスやペンタブで書いた自分の文字をそのまま筆書きの毛筆体に変更出来る面白い機能がついています。

・口コミではペイント機能を使って色々な文字を手軽に書き込めるのが良いとの意見もありました。

さて、少し余談にはなりますが文字だけの年賀状で済ませたいと言う方の為に。

文字のみで年賀状を書く場合には賀詞「あけましておめでとうございます」や「謹賀新年」と書くのは勿論ですが、差し支えない挨拶文としては「昨年中はたいへんお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします」等、長くなり過ぎないよう簡潔なものが好ましいでしょう。

【レイアウト例】

レイアウト例

こちらが一番分かりやすいものだと思います。

文字のみの場合、住所氏名も一緒に裏面に書いた方がスッキリ見えるようですね。

レイアウト例2

こちらは賀詞だけになっていますが横の空いているスペースに挨拶文も入れられますね。

また、文字だけではありますがその年の干支を書くことで雰囲気が大分変わります。

年賀状ソフトの紹介は以上になります。

必ずしも定番のソフトが良いわけではなく個人の目的や重要視したい部分などで使用するソフトも変わってくると思いますので、ご利用の際には色々と比較するのが大事だと思います。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ