寒中見舞いって年賀状の代わりになる?いつまで有効か

寒中見舞いを書いてみよう!

~友人や知人への寒い時期のお手紙~

みなさん、寒中見舞いって知ってますか?
寒中見舞いは暑中見舞いの
寒い時期バージョンだと
言えば分かりやすいかもしれませんね。

寒い時期に
友人や知人に出す挨拶状になります。

暑中見舞いより
少し馴染みが薄いかもしれませんが、
今回は寒中見舞いとはどういうものなのか
について詳しく説明したいと思います。

スポンサードリンク

1.寒中見舞いってどういうものなの?そもそも

寒中見舞いは
寒い時期に知り合いの健康を気遣ったり
自分の近況を伝えたりするものになります。

年賀状とは全く別物になるので
ハガキを使う場合、年賀状はがきは使わないようにしましょうね。

尚、年賀状が送れるのは
お正月のしめ飾りなどを飾っておける
松の内(1月7日)までとされています。

主に寒中見舞いが多く使われるのは、
年賀状を出し忘れてしまった
相手への挨拶や

年賀状を出していない
相手から年賀状を受け取ってしまった場合の
返事の際などのようです。

喪中に年賀状を受け取ってしまい
年賀状での返事が出来なかった場合にも、
寒中見舞いでその旨を伝える事が出来ます。

送る時期としては
松の内(1月7日)が終わってから立春(2月4日頃まで)
の間に出すのが礼儀になっているようです。

2.寒中見舞いの文とデザイン

寒中見舞いは

寒い時期の挨拶状になりますので、
相手の健康などを気遣った文章が書かれる事が多いようです。

最初に「寒中お見舞い申し上げます」から始め

「寒さの折り、いかがお過ごしでしょうか。
一層のご自愛のほどお祈り申し上げます」

と、間に挨拶文や自分が伝えたい文章を入れます。

最後は「平成○○年 厳冬」と締めると良いでしょう。

また、デザインとしては
縦書きでシンプルな物が多いようですが、
イラストや写真などを自分で選んで作った
ハガキを使いたい等の場合は
横書きにしても問題はありません。

デザインに合ったレイアウトで構わないです。

デザインも様々ですが
季節感を出してある物が好ましいようですね。

ただ、年賀状とは別物ですので
干支を使ったものは避けた方が良さそうです。

【デザイン例】

 

寒中デザイン

イラストと挨拶文が横書きになっているものです。
雪だるまが冬のイメージとぴったりですね。

寒中デザイン2

こちらは挨拶文が縦書きになっているバージョン。

椿のイラストやデザインも
寒中見舞いには多く使われるようです。

他には水仙が使われる事も。

3.寒中見舞いを送る際の注意点

一番気を付けないといけないのは

1で少し触れましたが、
年賀はがきは絶対に使わない事
出す時期(期間)守ることです。

この2点を忘れてしまっては
せっかく書いた寒中見舞いも
相手に失礼な印象を与えてしまいかねません。

寒中見舞いについての
基本的な事はお分かり頂けたでしょうか?

注意点だけをしっかり守れば
他は自分だけのデザインや
文面を考えて大丈夫なので、

今まで寒中見舞いは出した事が無かった
と言う方も、この機会に友人知人に
近況などに書いて送ってみるのも良いかもしれないですね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ