お歳暮のマナー、会社関係や喪中の期間は??

今年も残りわずかとなってきましたね。

12月に入るとお歳暮の季節がやってきます。

いつも11月の終わりくらいから
お歳暮のCMなどが始まっていますよね。

お歳暮は、お世話になった方に
感謝の気持ちを込めたり、
これからもよろしくお願いしますという
気持ちを込めたりして贈り物をすることです。

今回は、お歳暮についてまとめていこうと思います。

スポンサードリンク

お歳暮の期間はいつからいつまで?地域によって違う?

 

現在では、一年の締めくくりとして
お世話になった人に
感謝の気持ちを込めて
贈り物をすることをお歳暮と呼んでいます。

お歳暮の時期というと、
12月13日~12月20日あたりまでです。

遅くても25日までには
届くようにすることが大切です。

それ以降になってしまうと、
忙しい時期と重なってしまい
相手に迷惑
が掛かってしまうためです。

近年、だんだんと
お歳暮を贈る時期が早まっているところもあり
早い所は11月からお歳暮を贈る人もいるようです。

贈る時期を逃してしまったら?

 

逃してしまった場合でも、
大丈夫な場合があります。

多少地域によって違いはありますが、
関東地方では翌月1月7日(松の内)までに、
関西地方では15日までに「御年賀
または「御年始」として、

しっかりとお歳暮が遅れてしまったことを
お詫びする送り状や手紙を添えて贈りましょう。

喪中の場合は?

 

お歳暮は、

相手への感謝の気持ちを表す
贈り物で
お祝いものではないので
喪中に贈ることに問題はありません。

気になるようであれば、四十九日間を避けるようにするとよいでしょう。

それでも時期が気になる場合は、
寒中見舞い」や「寒中御伺
として贈るというのも一つの手段です。

気をつけなくてはならないのは、喪中に贈る時のマナーです。

喪中にお歳暮を贈る際は、水引を紅白や金色にせず、

白い紙に「御歳暮」と表書きをしましょう。

そして、お歳暮を贈っていただいた方に、
感謝の気持ちを込めてお礼状を書くことが大切です。

最近では、親しい間柄の人には
電話やメールでお礼をする方が
増えているようですが

やはり、一番気持ちが伝わるのは
手紙やはがきで送り状を出すことでしょう。

書く場合も
ただ書くのではなく

正式には、筆や万年質を使って書くのがマナーです。
このような事に気を付けてお礼状を出すことが大切です。

お礼状の書き方

 

お礼状の文面は、
大まかな形として

①季節の事や気候の事について触れる

②頂いた贈り物に対しての感謝の気持ちを書く

③最後に相手の健康や体調の事について触れ末文を添える

という形になります。

さて、お歳暮について書いていきましたがいかがでしたか?

今年お歳暮を贈る際はこのような事に気を付けて、
マナーを守り感謝の気持ちをお世話になった方に伝えお歳暮を贈ってくださいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ